ESXi のスクリプトによるインストールまたはアップグレードに使用する ESXi のインストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトを、USB フラッシュ ドライブに格納することができます。

このタスクについて

インストール マシンに複数の USB フラッシュ ドライブがある場合、インストール ソフトウェアは、接続されたすべての USB フラッシュ ドライブでインストールまたはアップグレード スクリプトを検索します。

この手順の説明では、USB フラッシュ ドライブが /dev/sdb として検出されることを前提としています。

注:

インストールまたはアップグレード スクリプトを含む ks ファイルは、インストールまたはアップグレードの起動に使用している同じ USB フラッシュ ドライブ上に格納しないでください。

前提条件

  • Linux マシン

  • ESXi のインストールまたはアップグレード スクリプト、ks.cfg キックスタート ファイル

  • USB フラッシュ ドライブ

手順

  1. インストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトにアクセスできる Linux マシンに、USB フラッシュ ドライブを接続します。
  2. パーティション テーブルを作成します。

    /sbin/fdisk /dev/sdb

    1. d を入力して、すべてのパーティションが削除されるまで、パーティションを削除します。
    2. n を入力して、ディスク全体を占めるプライマリ パーティション 1 を作成します。
    3. t を入力して、FAT32 ファイル システムに適した設定にタイプを設定します(c など)。
    4. p と入力して、パーティション テーブルを出力します。

      結果は次のようになります。

      Disk /dev/sdb: 2004 MB, 2004877312 bytes
      255 heads, 63 sectors/track, 243 cylinders
      Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
         Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
      /dev/sdb1             1           243      1951866  c   W95 FAT32 (LBA)
      
    5. w と入力してパーティション テーブルを書き込み、終了します。
  3. USB フラッシュ ドライブを Fat32 ファイル システムを指定してフォーマットします。

    /sbin/mkfs.vfat -F 32 -n USB /dev/sdb1

  4. USB フラッシュ ドライブをマウントします。

    mount /dev/sdb1 /usbdisk

  5. ESXi のインストール スクリプトを USB フラッシュ ドライブにコピーします。

    cp ks.cfg /usbdisk

  6. USB フラッシュ ドライブをアンマウントします。

タスクの結果

USB フラッシュ ドライブには、ESXi のインストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトが格納されています。

次のタスク

ESXi インストーラの起動時に、インストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトの場所としてこの USB フラッシュ ドライブの場所を参照します。インストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトを開始するための起動オプションの入力およびPXELINUX 構成ファイルを参照してください。