Platform Services Controller のリストア プロセスが完了したら、そのリストア済みの Platform Services Controller に登録されている vCenter Server インスタンスで vcenter-restore スクリプトを実行する必要があります。

手順

  1. vCenter Server 仮想マシンにログインします。
    • vCenter Server Appliance の場合、root としてアプライアンス シェルにログインします。

    • Windows にインストールされている vCenter Server の場合、仮想マシン OS に管理者としてログインします。

  2. vCenter Server サービスが実行されていないことを確認します。
    • vCenter Server Appliance の場合、アプライアンス シェルで service-control --status --all コマンドを実行します。

    • Windows にインストールされた vCenter Server インスタンスの場合、Windows の スタート メニューから コントロール パネル > 管理ツール > サービス を選択します。

  3. vcenter-restore スクリプトを実行して、リストア操作を完了し、すべての vCenter Server サービスを開始します。

    オプション

    アクション

    vCenter Server Appliance の場合

    アプライアンス シェルで vcenter-restore スクリプトを実行します。

    vcenter-restore -u psc_administrator_username -p psc_administrator_password 

    Windows にインストールされている vCenter Server の場合

    1. Windows コマンド プロンプトから、vcenter-restore スクリプトに移動します。

      デフォルトでは、このスクリプトは C:\Program Files\VMware\vCenter Server\ にあります。

    2. vcenter-restore スクリプトを実行します。

      vcenter-restore -u psc_administrator_username -p psc_administrator_password  
      注:

      以降引数を 3 回指定しない場合、必要な引数が指定されていないことが通知された後、スクリプトが終了します。

    ここで、psc_administrator_username は vCenter Single Sign-On 管理者のユーザー名で、UPN 形式を使用する必要があります。

  4. すべての vCenter Server サービスが実行されていることを確認します。
    • アプライアンスとしてデプロイされた vCenter Server Appliance の場合、アプライアンス シェルで service-control --status --all コマンドを実行します。

    • Windows にインストールされた vCenter Server の場合、Windows の スタート メニューから コントロール パネル > 管理ツール > サービス を選択します。