vCenter Server インスタンスのバックアップは、vCenter Server Appliance 管理インターフェイスから実行することができます。バックアップ ファイルに履歴データ(統計情報、イベント、タスク)を含めるかどうかを選択できます。

このタスクについて

注:

vCenter High Availability クラスタのバックアップ操作で保存されるのはアクティブ ノードだけです。

前提条件

  • バックアップを格納するために必要なディスク容量を確保した FTP、FTPS、HTTP、HTTPS、SCP のいずれかのサーバが実行中である必要があります。

  • ファイルベースのバックアップごとに別々のフォルダをご使用のサーバ上に確保します。

手順

  1. Web ブラウザで、vCenter Server Appliance 管理インターフェイス (https://appliance-IP-address-or-FQDN:5480) に移動します。
  2. root としてログインします。
  3. vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、サマリ をクリックします。
  4. バックアップ をクリックします。

    バックアップ アプライアンス ウィザードが表示されます。

  5. バックアップのプロトコルと格納場所についての詳細を入力します。

    オプション

    説明

    バックアップ プロトコル

    バックアップ サーバへの接続に使用するプロトコルを選択します。FTP、FTPS、HTTP、HTTPS、SCP のいずれかを選択してください。

    FTP、FTPS、HTTP、HTTPS の場合、サービス用に構成されている home ディレクトリがパスの起点となります。SCP の場合、リモート システムのルート ディレクトリへの絶対パスが使用されます。

    バックアップの場所

    バックアップ ファイルの格納先となるサーバのアドレスとバックアップ フォルダを入力します。

    ポート

    バックアップ サーバのデフォルト ポートまたはカスタム ポートを入力します。

    ユーザー名

    バックアップ サーバの書き込み権限を持つユーザーのユーザー名を入力します。

    パスワード

    バックアップ サーバの書き込み権限を持つユーザーのパスワードを入力します。

  6. (オプション) : バックアップ ファイルを暗号化する場合は、バックアップ データの暗号化 を選択して、暗号化に使用するパスワードを入力します。

    バックアップ データを暗号化するように選択した場合は、リストア手順用の暗号化パスワードを使用する必要があります。

  7. 次へをクリックします。
  8. バックアップ対象の選択 ページで、デフォルトでバックアップされるデータを確認します。
  9. (オプション) : 別途データベースから履歴データをバックアップするには、統計情報、イベント、タスクを選択します。
  10. (オプション) : 説明テキスト ボックスにバックアップの説明を入力し、次へ をクリックします。
  11. [設定の確認] ページで、バックアップの概要情報を確認して、終了 をクリックします。

    バックアップの進行状況 ウィンドウが開き、バックアップ操作の進行状況が表示されます。

  12. バックアップ プロセスが完了したら、OK をクリックして バックアップの進行状況 ウィンドウを閉じます。

タスクの結果

vCenter Server Appliance のバックアップ ファイルが正常に作成されました。

次のタスク

ファイルベースのバックアップに失敗した場合、バックアップ ジョブをキャンセルします。