組み込みまたは外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server を Microsoft Windows 仮想マシンまたは物理サーバにインストールして、vSphere 環境を管理できます。

vCenter Server をインストールする前に、インストーラ ISO ファイルをダウンロードし、インストールを実行する Windows ホスト マシンにこのファイルをマウントし、その後でインストール ウィザードを開始します。

vCenter Server の Windows インストールでは、組み込みの PostreSQL データベースまたは外部のデータベースを使用できます。外部のデータベースを使用する vCenter Server をインストールするには、データベースを準備する必要があります。vCenter Server データベースのインストールの準備を参照してください。

vCenter Server の要件の詳細については、vCenter Server for Windows の要件を参照してください。

vCenter Server のインストール中に要求される入力の詳細については、Windows での vCenter Server または Platform Services Controller のインストールに必要な情報を参照してください。

重要:

外部の Platform Services Controller インスタンスを使用するトポロジの場合は、レプリケーション Platform Services Controller インスタンスを 1 つずつ順番にインストールする必要があります。ドメインですべての Platform Services Controller インスタンスのデプロイが正常に完了したら、共通の外部の Platform Services Controller インスタンスを指定する複数の vCenter Server インスタンスの同時インストールを実行することができます。

vCenter Server をインストールした後は、administrator@your_domain_name ユーザーだけが vCenter Server システムにログインする権限を持ちます。

administrator@your_domain_name ユーザーは、次のタスクを実行できます。

  • 追加のユーザーおよびグループが定義されたアイデンティティ ソースを vCenter Single Sign-On に追加します。

  • ユーザーおよびグループにロールを割り当てて権限を付与します。

アイデンティティ ソースの追加、およびユーザーとグループへのアクセス許可の付与の詳細については、『Platform Services Controller の管理』を参照してください。

vSphere 6.5 以降では、vCenter Server IPv4 と IPv6 の混在環境がサポートされています。IPv6 アドレスを使用するように vCenter Server インスタンスを設定する場合は、ホスト マシンの完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用してください。IPv4 アドレスを設定する場合のベスト プラクティスでは、DHCP で割り当てると IP アドレスが変更される可能性があるため、ホスト マシンの FQDN またはホスト名を使用します。