ステートレス キャッシュまたはステートフル インストールで vSphere Auto Deploy を使用する場合、ホスト プロファイルを設定して適用し、起動順序を設定する必要があります。

ホストへのキャッシュを有効にするホスト プロファイルを適用すると、指定したディスクが vSphere Auto Deploy によってパーティショニングされます。その後の処理は、ホスト プロファイルの設定内容およびホスト上の起動順序の設定内容によって異なります。

  • システム キャッシュ構成のホスト プロファイルで ホスト上でステートレス キャッシュを有効化 を選択した場合は、ホスト プロファイルを適用すると vSphere Auto Deploy がイメージをキャッシュします。再起動は必要ありません。その後再起動した場合、ホストは引き続き vSphere Auto Deploy インフラストラクチャを使用してイメージを取得します。vSphere Auto Deploy サーバが使用できない場合、ホストはキャッシュされたイメージを使用します。

  • システム キャッシュ構成のホスト プロファイルで ホスト上でステートフル インストールを有効化 を選択した場合は、vSphere Auto Deploy がイメージをインストールします。再起動すると、ホストは、まず、vSphere Auto Deploy を使用して起動し、インストールを完了します。インストーラでプロビジョニングされたホストと同じように、ホストがディスクから起動した後に、自動的に再起動されます。以後、vSphere Auto Deploy はホストのプロビジョニングを行いません。

vSphere Web Client からのホスト プロファイルを適用するか、 PowerCLI セッションで vSphere Auto Deploy ルールを記述することができます。

ステートフル キャッシュまたはステートフル インストール用に vSphere Web Client を使用して vSphere Auto Deploy を設定する

リファレンス ホストにホスト プロファイルを作成し、そのホスト プロファイルを追加ホストまたは vCenter Server のフォルダやクラスタに適用できます。次のワークフローを使用します。

  1. vSphere Auto Deploy でホストをプロビジョニングし、そのホストの [システム イメージ キャッシュ構成] ホスト プロファイルを編集します。

  2. 1 つ以上のターゲット ホストをメンテナンス モードにし、各ホストにホスト プロファイルを適用してホストのメンテナンス モードを解除します。

  3. その後の処理は選択したホスト プロファイルによって異なります。

    • ホスト プロファイルでステートレス キャッシュを有効にした場合、イメージがディスクにキャッシュされます。再起動は必要ありません。

    • ホスト プロファイルでステートレス インストールを有効にした場合、イメージがインストールされます。再起動時に、ホストはインストールされたイメージを使用します。

ステートフル キャッシュまたはステートフル インストール用に PowerCLI を使用して vSphere Auto Deploy を設定する

リファレンス ホストにホスト プロファイルを作成し、そのホスト プロファイルを PowerCLI セッションで他のターゲット ホストに適用する vSphere Auto Deploy ルールを記述できます。次のワークフローを使用します。

  1. vSphere Auto Deploy でリファレンス ホストをプロビジョニングし、キャッシュの形式を有効にするホスト プロファイルを作成します。

  2. vSphere Auto Deploy で追加ホストをプロビジョニングし、リファレンス ホストのホスト プロファイルをそれらのホストに適用するルールを記述します。

  3. vSphere Auto Deploy は、イメージ プロファイルまたはルールに関連付けられたスクリプト バンドルを使用して、各ホストをプロビジョニングします。ホスト プロファイルを適用した場合の厳密な影響は、選択したホスト プロファイルによって異なります。

    • ステートフル インストールの場合、vSphere Auto Deploy は次のように処理を進めます。

      • 最初の起動中に、vSphere Auto Deploy はホストにイメージをインストールします。

      • その後の起動では、ホストがディスクから起動します。ホストは、vSphere Auto Deploy サーバと接続する必要はありません。

    • ステートフル キャッシュの場合、vSphere Auto Deploy は次のように処理を進めます。

      • 最初の起動中に、vSphere Auto Deploy はホストをプロビジョニングし、イメージをキャッシュします。

      • その後の起動では、vSphere Auto Deploy はホストをプロビジョニングします。vSphere Auto Deploy が使用できない場合、キャッシュされたイメージからホストが起動されますが、ホストが vSphere Auto Deploy サーバに接続できる場合にのみセットアップを実行できます。