vSphere ESXi Image Builder コマンドレットを実行する前に、PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールする必要があります。vSphere ESXi Image Builder スナップインは PowerCLI のインストールに含まれています。

このタスクについて

前提条件

PowerCLI コマンドレットを使用して vSphere ESXi Image Builder を管理する場合は、Microsoft .NET Framework 4.5 または 4.5.x および Windows PowerShell 3.0 または 4.0 が Microsoft Windows システムにインストールされていることを確認してください。vCenter Server がインストールされている Windows マシンまたは他の Windows マシンに PowerCLI をインストールできます。『vSphere PowerCLI User's Guide』を参照してください。

手順

  1. VMware Web サイトから PowerCLI の最新バージョンをダウンロードします。
  2. ダウンロードする PowerCLI ファイルを含むフォルダに移動し、実行ファイルをダブルクリックします。

    インストール ウィザードがシステム上で PowerCLI の前のバージョンを検出した場合は、既存のインストール環境のアップグレードを試みます。

  3. ウィザードの指示に従って、インストールを完了します。

次のタスク

vSphere ESXi Image Builder Cmdlet の使用 を確認します。PowerCLI を使い慣れていない場合は、PowerCLI のドキュメントをお読みください。

vSphere ESXi Image Builder コマンドレットとその他の PowerCLI コマンドレットおよび PowerShell コマンドレットを使用して、イメージ プロファイルおよび VIB を管理します。必要に応じて Get-Help cmdlet_name を使用して、コマンドライン ヘルプを表示します。