vSphere Auto Deploy を使用すると、ESXi ソフトウェア搭載の物理ホストを大量にプロビジョニングできます。

Auto Deploy を使用すると、経験の豊富なシステム管理者は、大規模な導入を効率良く管理できます。ホストは、統合 Auto Deploy サーバからネットワーク起動されます。ホストは、必要に応じて、参照ホストのホスト プロファイルを使用して構成されます。ユーザーに入力を求めるように、ホスト プロファイルを設定できます。起動と構成が完了したら、ホストは他の ESXi ホストと同様に、vCenter Server によって管理されます。

Auto Deploy は、ステートレス キャッシュまたはステートフル インストールで使用することもできます。

重要:

Auto Deploy には、vSphere Auto Deploy のセキュリティの考慮事項の説明のとおり、本番ネットワークと管理ネットワークまたはデプロイ ネットワークのセキュアな分離が必要です。分離を使用しない Auto Deploy の使用は安全ではありません。

ステートレス キャッシュ

Auto Deploy は、デフォルトでは、ホスト ディスクの ESXi 構成または状態を保存しません。代わりに、イメージ プロファイルによってそのホストにプロビジョニングされているイメージを定義し、その他のホスト属性はホストのプロファイルによって管理されます。ステートレス キャッシュに Auto Deploy を使用するホストは、引き続き、Auto Deploy サーバと vCenter Server に接続する必要があります。

ステートフル インストール

Auto Deploy によってホストをプロビジョニングし、イメージをディスクに保存するようにホストを設定できます。その後の起動では、ホストがディスクから起動します。