一連のルールを使用することで、vSphere Auto Deploy サーバの動作を指定します。vSphere Auto Deploy ルール エンジンが、一致するホストのパターンをルール セットで確認し、どの項目(イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、vCenter Server の場所、またはスクリプト オブジェクト)を使用して各ホストをプロビジョニングするかを決定します。

ルール エンジンは、ホストの属性に基づいて、ソフトウェア設定と構成設定をホストにマッピングします。たとえば、2 つのルールを記述して (それぞれが 1 つのクラスタのネットワーク アドレスに対応)、イメージ プロファイルまたはホスト プロファイルを 2 つのホストのクラスタにデプロイすることができます。

vCenter Server システムに追加されていないホストについては、vSphere Auto Deploy サーバは、ルール エンジンを確認してから、イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、およびインベントリの場所の情報をホストに提供します。vCenter Server システムによって管理されているホストについては、vCenter Server がホストのオブジェクト内に格納したイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、およびインベントリの場所が使用されます。ルールを変更する場合、 PowerCLI セッションで vSphere Web Client または vSphere Auto Deploy コマンドレットを使用し、ルールのコンプライアンスをテストおよび修復することができます。ホストのルールのコンプライアンスを修復する場合は、ホストのイメージ プロファイルおよびホスト プロファイルの割り当てが更新されます。

ルール エンジンには、ルールおよびルール セットが含まれます。

ルール

ルールを使用して、イメージ プロファイルおよびホスト プロファイルを一連のホストに割り当てたり、ターゲットの vCenter Server システム上のホストの場所(フォルダまたはクラスタ)を指定することができます。ルールでは、起動 MAC アドレス、SMBIOS 情報、BIOS UUID、ベンダー、モデル、または固定 DHCP IP アドレスによってターゲット ホストを特定できます。多くの場合、ルールは複数のホストに適用されます。ルールを作成するには、 PowerCLI セッションで vSphere Web Client または vSphere Auto Deploy コマンドレットを使用します。作成したルールは、ルール セットに追加する必要があります。アクティブなルール セットと作業ルール セットの 2 つのルール セットのみがサポートされます。ルールは両方のセットに属することができますが (デフォルト)、作業ルール セットにだけ属することも可能です。ルール セットに追加したルールは、変更できません。代わりに、ルールをコピーして、そのコピーで項目またはパターンを置き換えます。vSphere Web Client で vSphere Auto Deploy を管理している場合、ルールが非アクティブな状態であれば編集することができます。

ルールでは次のパラメータを指定することができます。

パラメータ

説明

名前

ルールの名前。-Name パラメータで指定します。

アイテム

1 つまたは複数の項目。-Item パラメータで指定します。アイテムには、イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、ターゲット ホストの vCenter Server インベントリの場所(データセンター、フォルダ、クラスタ)またはカスタム スクリプトがあります。複数の項目を、コンマ区切りで指定できます。

パターン

パターンには、ルールの適用先となる、ホストまたはホストのグループを指定します。

ベンダー

マシンのベンダー名。

モデル

マシンのモデル名。

シリアル

マシンのシリアル番号。

ホスト名

マシンのホスト名。

ドメイン

ドメイン名。

IPv4

マシンの IPv4 アドレス。

ipv6

マシンの IPv6 アドレス。

BIOS ファームウェアを使用する PXE ブートは IPv4 でのみ実行でき、UEFI ファームウェアを使用する PXE ブートは IPv4 または IPv6 のいずれかで実行できます。

MAC

起動 NIC の MAC アドレス。

アセット

マシンのアセット タグ。

OEM 文字列

SMBIOS の OEM 固有の文字列。

1 つの項目または複数の項目をすべてのホストに適用するには、-AllHosts を指定することができます。

アクティブなルール セット

新しく起動したホストが、イメージ プロファイルの要求とともに vSphere Auto Deploy サーバに接続すると、vSphere Auto Deploy サーバはアクティブなルール セットで一致するルールを確認します。一致するルールによってマッピングされたイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、vCenter Server インベントリの場所、およびスクリプト オブジェクトが、ホストの起動に使用されます。同じタイプの複数の項目がルールによってマッピングされる場合は、vSphere Auto Deploy サーバでは、それらの項目のうち、ルール セット内に最初に出現するものが使用されます。

作業ルール セット

作業ルール セットを使用すると、変更をアクティブにする前にルールへの変更をテストできます。たとえば、vSphere Auto Deploy コマンドレットを使用して、作業ルール セットとのコンプライアンスをテストできます。テストは、vCenter Server システムによって管理されるホストが、作業ルール セットのルールに従っているかを検証します。デフォルトでは、cmdlet は作業ルール セットにルールを追加し、ルールを有効にします。作業ルール セットにのみルールを追加するには、NoActivate パラメータを使用します。

次のワークフローはルールおよびルール セットと一緒に使用します。

  1. 作業ルール セットを変更します。

  2. ホストに対して作業ルール セットのルールをテストし、すべてが適切に機能することを確認します。

  3. 作業ルール セット内のルールを調整し、再テストします。

  4. 作業ルール セット内のルールを有効にします。

    PowerCLI セッションにルールを追加して NoActivate パラメータを指定しない場合、作業ルール セット内に現在あるすべてのルールが有効になります。個々のルールを有効にすることはできません。

PowerCLI コマンドレットによって vSphere Auto Deploy を使用する方法の詳細については、 PowerCLI コマンドライン ヘルプおよびPowerCLI コマンドレットを使用した vSphere Auto Deploy の管理を参照してください。vSphere Web Client によって vSphere Auto Deploy を使用する方法の詳細については、vSphere Web Client を使用した vSphere Auto Deploy の管理を参照してください。