対話モードでは、esxtop および resxtop を使用してさまざまなコマンドライン オプションを使用できます。

表 1. 対話モードのコマンドライン オプション

オプション

説明

h

resxtop (または esxtop) のコマンドライン オプションのヘルプを表示します。

v

resxtop (または esxtop) のバージョン番号を表示します。

s

resxtop (または esxtop) をセキュア モードで呼び出します。セキュア モードでは、更新間の遅延を指定する -d コマンドは無効です。

d

更新間の遅延を指定します。デフォルトは 5 秒です。最短時間は 2 秒です。変更するには、対話コマンド s を使用します。2 秒未満の遅延を指定した場合、遅延は 2 秒に設定されます。

n

反復回数。表示を n 回更新して、終了します。デフォルト値は 10000 です。

サーバ

接続するリモート サーバ ホストの名前 (resxtop でのみ必須)。

vihost

vCenter Server を介して間接的に接続する場合、このオプションには接続先 ESXi ホストの名前が含まれている必要があります。ESXi ホストに直接接続する場合、このオプションは使用されません。ホスト名は、vSphere Web Client に表示されるものと同じである必要があります。

portnumber

リモート サーバの接続先ポート番号。デフォルト ポートは 443 です。 サーバで変更されていない場合、このオプションは不要です。(resxtop のみ)。

username

リモート ホストに接続するときに認証されるユーザー名。リモート サーバは、パスワードを入力するプロンプトも表示します (resxtop のみ)。

a

すべての統計情報を表示します。このオプションは、構成ファイルの設定をオーバーライドして、すべての統計情報を表示します。構成ファイルは、デフォルトの ~/.esxtop50rc 構成ファイル、またはユーザー定義の構成ファイルのいずれかです。

c filename

ユーザー定義の構成ファイルをロードします。-c オプションを使用しない場合、デフォルトの構成ファイル名は ~/.esxtop50rc です。独自の構成ファイルを作成して別のファイル名を指定するには、単一キー対話コマンドの W を使用します。