アラーム定義の全般設定では、アラーム名、説明、タイプを定義します。また、[全般設定] ページでは、アラームを有効または無効に設定できます。

前提条件

  • 必要な権限: アラーム > アラームの作成または アラーム > アラームの変更

  • アラーム定義ウィザードで、[全般] ページをクリックします。アラームの作成または編集を参照してください。

手順

  1. 名前と説明を入力します。
  2. このアラームで監視するインベントリ オブジェクトのタイプを選択します。
  3. このアラームで監視するアクティビティのタイプを選択します。
    注:

    監視対象として選択したアクティビティのタイプに応じて、アラーム定義ウィザードの [全般] ページに続くトリガ ページのオプションが異なります。

  4. アラームを作成後にすぐに有効にする場合は、このアラームを有効にする チェック ボックスをクリックします。
  5. 次へをクリックします。

次のタスク

アラームのトリガを設定します。