このパネルには、仮想マシン中心のストレージ統計情報が表示されます。

デフォルトで、統計情報はリソース プールごとに集約されます。1 台の仮想マシンには対応する 1 つのリソース プールがあるため、パネルには統計情報が仮想マシンごとに表示されます。統計情報は、VSCSI デバイスごとに表示することもできます。

表 1. 仮想マシン ストレージ パネルの統計情報

説明

ID

VSCSI デバイスのリソース プール ID または VSCSI ID。

GID

リソース プール ID。

VMNAME

リソース プールの名前。

VSCSINAME

VSCSI デバイスの名前。

NDK

VSCSI デバイスの数。

CMDS/s

1 秒あたりのコマンド発行数。

READS/s

1 秒あたりの読み取りコマンド発行数。

WRITES/s

1 秒あたりの書き込みコマンド発行数。

MBREAD/s

読み取ったメガバイト/秒。

MBWRTN/s

書き込んだメガバイト/秒。

LAT/rd

読み取り処理あたりのミリ秒単位の平均遅延。

LAT/wr

書き込み処理あたりのミリ秒単位の平均遅延。

次の表は、仮想マシン ストレージ パネルで使用できる対話コマンドを示します。

表 2. 仮想マシン ストレージ パネルの対話コマンド

コマンド

説明

e

ストレージ VSCSI 統計情報を展開、またはまとめます。グループに属する個々の VSCSI デバイスによって分割されたストレージ リソース使用率の統計情報を表示できます。グループ ID の入力を要求されます。 統計情報は VSCSI デバイスごとです。

r

READS/s 列によってソートします。

w

WRITES/s 列によってソートします。

R

MBREAD/s 列によってソートします。

T

MBWRTN/s 列によってソートします。

N

最初は VMNAME 列でソートし、次に VSCSINAME 列でソートします。これがデフォルトのソート順序です。