仮想マシンは、VMFS ボリュームに保存された仮想マシン ログ ファイルに、サポートおよびトラブルシューティング情報を書き込むことができます。仮想マシンのデフォルト設定は、ほとんどの状況に適切に対応できるように設定されています。

使用環境の vMotion への依存度が高い場合、またはその他の理由でデフォルト設定では適当ではないと判断される場合は、仮想マシンのゲスト OS のログ設定を変更できます。

新しいログ ファイルの作成は、次のようにして実行されます。

  • 仮想マシンをパワーオンするか再起動するたびに、および vMotion で仮想マシンを移行するたびに、新しいログ ファイルが作成されます。

  • ログにエントリが書き込まれるたびに、ログのサイズが確認されます。vmx.log.rotateSize がデフォルト以外の値に設定されており、サイズがその制限値を超えた場合、次のエントリは新しいログに書き込まれます。最大数のログ ファイルが存在する場合は、最も古いログ ファイルが削除されます。

vmx.log.rotateSize のデフォルト値は 0 で、これは、パワーオン時や再起動時などに新しいログが作成されることを意味します。vmx.log.rotateSize 構成パラメータでログ ファイルの最大サイズを制限することにより、新しいログ ファイルの作成頻度を確実に高めることができます。

それぞれ最小 2MB に制限した、10 のログ ファイルを保存することをお勧めします。この値は、ほとんどの問題のデバッグに必要な量の情報を獲得できる、十分に大きな値です。時間間隔がもっと長いログが必要な場合は、vmx.log.keepOld を 20 に設定することができます。