vSphere システムから生成されるイベントの情報は、リモート Syslog サーバにストリーミングすることができます。イベントのストリーミングは、vCenter Server Appliance でのみサポートされます。

リモート Syslog サーバに対するイベントのストリーミングは、デフォルトで無効になっています。リモート Syslog サーバに対する vCenter Server イベントのストリーミングは、vCenter Server Appliance 管理インターフェイスから有効にして構成することができます。リモート ストリーミングを有効にすると、vCenter Server Appliance がストリーミングを開始し、新しく生成されたイベントだけがリモート Syslog サーバにストリーミングされます。

すべての Syslog メッセージは、特定のプリフィックスで始まります。vCenter Server Appliance イベントとその他の Syslog メッセージは、その Event プリフィックスで区別することができます。

Syslog メッセージの長さは、Syslog プロトコルで 1024 文字に制限されています。1024 文字を超えるメッセージは、複数の Syslog メッセージに分割されます。

Syslog サーバでは、次の形式がイベントに使用されます。
<syslog-prefix> : Event [eventId] [partInfo] [createdTime] [eventType] [severity] [user] [target] [chainId] [desc]
アイテム 説明
syslog-prefix Syslog プリフィックスを表示します。<syslog-prefix> は、リモート Syslog サーバの構成によって決まります。
eventId イベント メッセージの一意の ID を表示します。デフォルト値は Event です。
partInfo メッセージを複数のパーツに分割するかどうかを表示します。
createdTime イベントが生成された時刻を表示します。
eventType イベントの種類を表示します。
severity イベントが情報であるか、警告であるか、エラーであるかを表示します。
user イベントを生成したユーザーの名前を表示します。
target イベントの参照先のオブジェクトを表示します。
chainId 親またはグループ ID に関する情報を表示します。
desc イベントの説明を表示します。

長いイベント メッセージを複数の Syslog メッセージに分割する

1024 文字を超えるイベントは、次のようにして複数の Syslog メッセージに分割されます。
<syslog-prefix> : Event [eventId][1-X][payload-part-1]<syslog-prefix> : Event [eventId][2-X][payload-part-2] 
...
<syslog-prefix> : Event [eventId][X-X][payload-part-X]

X は、イベント メッセージのパーツ番号を表します。