フェイルオーバー クラスタリングと Microsoft Cluster Service のセットアップ』では、Windows Server 2003 の Microsoft Cluster Service、および Windows Server 2008、Windows Server 2012 以上のリリースのフェイルオーバー クラスタリングを使用して実装できる仮想マシンのクラスタのタイプについて説明します。クラスタのタイプごとの詳細な手順、クラスタリングの要件および推奨のチェックリストが記載されています。

特に指定がないかぎり、Microsoft Cluster Service (MSCS) という用語は Windows Server 2003 の Microsoft Cluster Service と、Windows Server 2008 以上のリリースのフェイルオーバー クラスタリングを指します。

フェイルオーバー クラスタリングと Microsoft Cluster Service のセットアップ』は、ESXi および VMware® vCenter® Server を対象としています。

対象読者

この情報は、当社のテクノロジーと Microsoft Cluster Service に詳しいシステム管理者を対象としています。

注:

Microsoft Cluster Service またはフェイルオーバー クラスタリングの使用の手引きではありません。Microsoft Cluster Service またはフェイルオーバー クラスタリングのインストールおよび構成については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

注:

このドキュメントでは、Microsoft Cluster Service (MSCS) への言及は、対応する Windows Server バージョン上の Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) にも適用されます。

このガイドのタスクの手順は、vSphere Web Client に基づいています。このガイドのタスクのほとんどは、新しい vSphere Client を使用して実行することもできます。新しい vSphere Client のユーザー インターフェイスの用語、トポロジ、およびワークフローは、vSphere Web Client のユーザー インターフェイスの同じ機能に合わせて使用しています。特に記載がない限り、vSphere Web Client の手順を新しい vSphere Client に適用できます。

注:

vSphere 6.5 リリースの vSphere Client には、vSphere Web Client のすべての機能が実装されているわけではありません。サポートされていない機能を記載した最新のリストについては、vSphere Client ガイドの機能の更新 (http://www.vmware.com/info?id=1413) を参照してください。