各物理マシンに対応する仮想マシンがある MSCS クラスタを作成できます。このタイプの構成をスタンバイ ホスト クラスタと言います。

このタスクについて

スタンバイ ホスト クラスタには、特別なハードウェア要件とソフトウェア要件があります。

  • 次の要素がある ESXi ホストを使用してください。

    • MSCS クラスタと、パブリックおよびプライベート ネットワーク専用の物理ネットワーク アダプタ 2 つ。

    • VMkernel 専用の物理ネットワーク アダプタ 1 つ。

  • RDM は物理互換モード (パス スルー RDM) で使用します。仮想ディスクや、仮想互換モードの RDM (非パススルー RDM) は共有ストレージに使用できません。

  • 物理 Windows マシンのファイバ チャネル (FC) HBA (QLogic または Emulex) の STORport Miniport ドライバを使用します。

  • 物理マシンまたは仮想マシンでマルチパス ソフトウェアを実行しないでください。

  • スタンバイ ホスト構成では、ホストからストレージ アレイまで物理パスを 1 つだけ使用します。