仮想マシン ポート グループを追加または変更すると、複数の仮想マシン上のトラフィック管理を設定できます。

vSphere Web Clientネットワークの追加 ウィザードを使用して、仮想マシンが接続できる仮想ネットワークを作成する処理を進めることができます。たとえば vSphere 標準スイッチの作成、ネットワーク ラベルの設定の構成などがあります。

仮想マシン ネットワークを設定する場合には、ネットワーク内の仮想マシンをホスト間で移行するかどうか検討します。移行する場合は、両方のホストを同一のブロードキャスト ドメイン (同一のレイヤー 2 サブネット) に配置します。

ESXi では、異なるブロードキャスト ドメインにあるホスト間で仮想マシンを移行することはサポートされていません。これは、移行された仮想マシンで必要なシステムまたはリソースが、もはや新しいネットワーク内でアクセスできなくなる可能性があるためです。ネットワーク構成が高可用性環境として設定されていたり、異なるネットワークにわたって仮想マシンのニーズを解決できるインテリジェント スイッチを装備していたりする場合でも、ARP (Address Resolution Protocol) テーブルのアップデートや仮想マシンのネットワーク トラフィックの再開の際に時間差が生じる可能性があります。

仮想マシンは、アップリンク アダプタを介して物理ネットワークに接続します。vSphere 標準スイッチは、1 つ以上のネットワーク アダプタが接続されている場合のみ、外部ネットワークにデータを転送できます。1 台の標準スイッチに複数のアダプタが接続されている場合、ユーザーが意識することなくそれらのアダプタはチームにまとめられます。