Distributed Switch に関連付けられているホストの場合、物理 NIC をスイッチのアップリンクに割り当てることができます。Distributed Switch の物理 NIC は一度に複数のホストに対して構成できます。

このタスクについて

すべてのホスト間でネットワーク構成の整合性を保つために、各ホストの同じ物理 NIC を Distributed Switch の同じアップリンクに割り当てることができます。たとえば、ホスト ESXi A とホスト ESXi B からの vmnic1Uplink 1 に割り当てられます。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、ホストの追加と管理 を選択します。
  3. タスクを選択ホスト ネットワークの管理 を選択し、次へ をクリックします。
  4. ホストの選択接続されたホスト をクリックし、分散スイッチに関連付けられているホストの中から選択します。
  5. 次へをクリックします。
  6. ネットワーク アダプタ タスクの選択 で、物理アダプタの管理 を選択し、次へ をクリックします。
  7. 物理ネットワーク アダプタの管理 で、[他のスイッチ上/未要求] リストから物理 NIC を選択します。

    すでに他のスイッチに割り当てられている物理 NIC を選択した場合は、その物理 NIC は現在の Distributed Switch に移行されます。

  8. アップリンクの割り当て をクリックします。
  9. アップリンクを選択するか、自動割り当て を選択します。
  10. 次へをクリックします。
  11. 影響を受けたサービスならびに影響のレベルを確認します。

    オプション

    説明

    影響ありません

    iSCSI は、新しいネットワーク構成の適用後も通常の機能を維持します。

    重要な影響

    新しいネットワーク構成が適用されると、iSCSI の通常の機能が停止する場合があります。

    影響度:最重要

    新しいネットワーク構成が適用されると、iSCSI の通常の機能が中断されます。

    1. iSCSI への影響が重要または非常に重大である場合は、iSCSI エントリをクリックし、[分析の詳細] ペインに表示される原因を確認してください。
    2. iSCSI での影響のトラブルシューティングを行ったら、ネットワーク構成を続行します。
  12. 次へ をクリックし、終了 をクリックします。