vSphere 標準スイッチの設定により、ポートに対するスイッチ全体のデフォルトが制御されます。この設定は、各標準スイッチのポート グループの設定でオーバーライドできます。アップリンク構成や使用可能なポート数などの標準スイッチ プロパティを編集できます。

ESXi ホストのポート数

ESXi 5.5 以降を実行しているホストのホスト リソースを効率良く使用するため、仮想スイッチのポートは動的に増減されます。このようなホストのスイッチはホストでサポートされているポートの最大数まで拡張可能です。ポートの限界はホストが処理できる仮想マシンの最大数に基づいて決まります。

ESXi 5.1 以前を実行しているホスト上の各仮想スイッチのポート数には制限があります。仮想マシンおよびネットワーク サービスは、このポートを使用して 1 つ以上のネットワークにアクセスできます。デプロイの要件に応じて、ポートの数を手動で増減させる必要があります。

注:

スイッチのポート数を増やすと、ホストのリソースをより多く予約および消費することになります。一部のポートが使用されていない場合、他の操作に必要とされる可能性のあるホストのリソースがロックされ、未使用のままになります。