vSphere Distributed Switch をバージョン 5.1 からバージョン 5.5、6.0、または 6.5 にアップグレードした後、Distributed Switch で拡張 LACP サポートに変換して複数の LAG を作成することができます。

このタスクについて

分散スイッチに LACP 構成が存在する場合は、LACP サポートの拡張によって新しい LAG が作成され、すべての物理 NIC がスタンドアロン アップリンクから LAG ポートに移行します。別の LACP 構成を作成するには、変換を開始する前に、アップリンク ポート グループの LACP サポートを無効にしておく必要があります。

拡張 LACP サポートへの変換が失敗した場合は、『vSphere トラブルシューティング』 を参照して変換を手動で完了させる方法を確認してください。

前提条件

  • vSphere Distributed Switch のバージョンが 5.5、6.0、または 6.5 であることを確認します。

  • すべての分散ポート グループで、個々のポートでのアップリンク チーミング ポリシーのオーバーライドが許可されていないことを確認します。

  • 既存の LACP 構成から変換する場合は、分散スイッチに 1 つのアップリンク ポート グループしか存在していないことを確認します。

  • 分散スイッチに参加するホストが接続され、応答していることを確認します。

  • スイッチの分散ポート グループに対する dvPort グループ > 変更権限があることを確認します。

  • 分散スイッチ上のホストに対するホスト > 構成 > 変更権限があることを確認します。

注:

vSphere Distributed Switch をバージョン 5.1 からバージョン 6.5 にアップグレードすると、LACP サポートは自動的に拡張されます。アップグレードの前に分散スイッチで基本 LACP サポートが有効になっていた場合、LACP サポートは手動で拡張する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、分散スイッチに移動します。
  2. サマリ を選択します。
  3. [機能] セクションで、[リンク集約制御プロトコル] の横にある 拡張 をクリックします。
  4. (オプション) : 分散スイッチの構成をバックアップする場合は、構成のエクスポート を選択し、次へ をクリックします。

    バックアップでは、vCenter Server 側の分散スイッチ構成のみが保存されます。拡張 LACP サポートへの変換が失敗した場合は、バックアップを使用して同じ構成の新しい分散スイッチを作成できます。また、変換を手動で完了させることもできます。

  5. 検証の前提条件を確認します。

    前提条件

    説明

    ポート グループのアクセシビリティ

    スイッチのアップリンク ポート グループおよび分散ポート グループにアクセスし、変更を行うのに十分な権限があります。

    LACP 構成

    分散スイッチには 1 つのアップリンク ポート グループしかありません。

    アップリンク チーミング ポリシーのオーバーライド

    分散ポート グループでは、個々のポートでのアップリンク チーミング ポリシーのオーバーライドが許可されていません。

    ホストのアクセシビリティ

    分散スイッチに接続されているホストのネットワーク構成を変更するのに十分な権限があります。

    ホスト接続

    分散スイッチに参加するホストが接続され、応答しています。

  6. 次へをクリックします。
  7. 既存の LACP 構成から変換する場合は、[名前] テキスト フィールドに新しい LAG の名前を入力します。
  8. 次へ をクリックして変換に関する詳細情報を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

これで、vSphere Distributed Switch で拡張 LACP サポートに変換できます。

次のタスク

分散スイッチで LAG を作成して、接続されているホスト上にある複数の物理 NIC のバンド幅を集約します。