pktcap-uw ユーティリティは、アップリンク、VMkernel、または仮想マシンのトラフィックを監視するときにのみ使用できるキャプチャ ポイントや、アダプタ タイプとは関係のないスタックの特別な場所にあるキャプチャ ポイントをサポートします。

物理アダプタのトラフィックに関連するキャプチャ ポイント

pktcap-uw --uplink vmnicX コマンドでは、物理アダプタと仮想スイッチ間のパスの特定の場所と方向でトラフィックを処理する関数に、キャプチャ ポイントを使用できます。

キャプチャ ポイント

説明

UplinkRcv

物理アダプタからパケットを受信する関数。

UplinkSnd

物理アダプタにパケットを送信する関数。

PortInput

UplinkRcv で受信したパケットのリストを仮想スイッチのポートに渡す関数。

PortOutput

仮想スイッチのポートからパケットのリストを UplinkSnd ポイントに渡す関数。

仮想マシンのトラフィックに関連するキャプチャ ポイント

pktcap-uw --switchport vmxnet3_port_ID コマンドでは、VMXNET3 アダプタと仮想スイッチ間のパスの特定の場所と方向でトラフィック パケットを処理する関数に、キャプチャ ポイントを使用できます。

キャプチャ ポイント

説明

Vmxnet3Rx

VMXNET3 バックエンドで仮想スイッチからパケットを受信する関数。

Vmxnet3Tx

VMXNET3 バックエンドで仮想マシンから仮想スイッチにパケットを送信する関数。

PortOutput

仮想スイッチのポートから Vmxnet3Rx にパケットのリストを渡す関数。

PortInput

Vmxnet3Tx から仮想スイッチのポートにパケットのリストを渡す関数。VMXNET3 アダプタに関連するトラフィックのデフォルト キャプチャ ポイント。

VMkernel アダプタのトラフィックに関連するキャプチャ ポイント

pktcap-uw --vmk vmkX および pktcap-uw --switchport vmkernel_adapter_port_ID コマンドでは、VMkernel アダプタと仮想スイッチ間のパスの特定の場所と方向で関数を使用するキャプチャ ポイントをサポートします。

キャプチャ ポイント

説明

PortOutput

仮想スイッチのポートから VMkernel アダプタにパケットのリストを渡す関数。

PortInput

VMkernel アダプタから仮想スイッチのポートにパケットのリストを渡す関数。VMkernel アダプタに関連するトラフィックのデフォルト キャプチャ ポイント。

分散仮想フィルタに関連するキャプチャ ポイント

pktcap-uw --dvfilter divfilter_name コマンドでは、パケットが DVFilter を出入りするときにパケットをキャプチャするかどうかを示すキャプチャ ポイントを指定する必要があります。

キャプチャ ポイント

説明

PreDVFilter

DVFilter でパケットを遮断する前のポイント。

PostDVFilter

DVFilter でパケットを遮断した後のポイント。

スタンドアロン キャプチャ ポイント

特定のキャプチャ ポイントが、物理的な VMkernel アダプタや VMXNET3 アダプタではなくネットワーク スタックに直接マップされます。

キャプチャ ポイント

説明

Drop

ドロップしたパケットをキャプチャし、ドロップした場所を示します。

TcpipDispatch

仮想スイッチから VMkernel の TCP/IP スタックにトラフィックをディスパッチする関数およびその逆の関数でパケットをキャプチャします。

PktFree

リリースされる直前にパケットをキャプチャします。

VdrRxLeaf

VMware NSX の動的ルーターの受信リーフ I/O チェーンでパケットをキャプチャします。--lifID オプションと一緒にこのキャプチャ ポイントを使用します。

VdrRxTerminal

VMware NSX の動的ルーターの受信ターミナル I/O チェーンでパケットをキャプチャします。--lifID オプションと一緒にこのキャプチャ ポイントを使用します。

VdrTxLeaf

VMware NSX の動的ルーターの転送リーフ I/O チェーンでパケットをキャプチャします。--lifID オプションと一緒にこのキャプチャ ポイントを使用します。

VdrTxTerminal

VMware NSX の動的ルーターの転送ターミナル I/O チェーンでパケットをキャプチャします。--lifID オプションと一緒にこのキャプチャ ポイントを使用します。

動的ルーターの詳細については、VMware NSX のドキュメントを参照してください。