vSphere Distributed Switch 上で LACP サポートを使用すれば、ネットワーク デバイスはピアに対して LACP パケットを送信し、リンクを自動的に束ねるネゴシエーションを実行できます。ただし、vSphere Distributed Switch の LACP サポートには、制限があります。

  • ソフトウェア iSCSI でポートのバインドが使用されている場合、LACP はサポートされません。ポートのバインドが使用されていない場合は、LAG に対する iSCSI マルチパスがサポートされます。

  • LACP サポート設定はホスト プロファイルでは使用できません。

  • ネストされた ESXi ホスト間では、LACP サポートを使用できません。

  • LACP サポートは ESXi Dump Collector では動作しません。

  • ポート ミラーリングが有効な場合、LACP 制御パケット (LACPDU) はミラーリングされません。

  • チーミングおよびフェイルオーバー健全性チェックは、LAG ポートに対しては機能しません。LACP が LAG ポートの接続を確認します。

  • 各分散ポートまたはポート グループのトラフィックを 1 つの LAG だけで処理している場合、拡張 LACP サポートは正常に動作します。

  • LACP 5.1 サポートは IP ハッシュ ロード バランシングとリンク ステータスのネットワーク フェイルオーバー検出だけで動作します。

  • LACP 5.1 サポートでは、Distributed Switch ごと、およびホストごとに LAG が 1 つ提供されるのみです。