ゲスト OS でアセンブリ用のリソースを消費する代わりに LRO 技術を使用することにより、ホストの物理アダプタのハードウェア機能を有効にして VMXNET3 VM アダプタの受信 TCP パケットを集約します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 構成 タブの システム を展開します。
  3. システムの詳細設定 をクリックします。
  4. Net.Vmxnet3HwLRO パラメータの値を編集します。
    • ハードウェア LRO を有効にするには、Net.Vmxnet3HwLRO1 に設定します。

    • ハードウェア LRO を無効にするには、Net.Vmxnet3HwLRO0 に設定します。

  5. OK をクリックして変更内容を保存します。