ホストの物理アダプタでハードウェア LRO がサポートされていない場合、VMXNET3 アダプタの VMkernel バックエンドのソフトウェア LRO を使用して、仮想マシンのネットワーク パフォーマンスを向上させます。

このタスクについて

vSphere 5.5 以降では、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方でソフトウェア LRO がサポートされています。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 構成 タブの システム を展開します。
  3. システムの詳細設定 をクリックします。
  4. VMXNET3 アダプタの Net.Vmxnet3SwLRO パラメータの値を編集します。
    • ソフトウェア LRO を有効にするには、Net.Vmxnet3SwLRO を 1 に設定します。

    • ソフトウェア LRO を無効にするには、Net.Vmxnet3SwLRO を 0 に設定します。

  5. OK をクリックして変更内容を保存します。