Distributed Switch に関連付けられたホストの場合は、ネットワーク アダプタを標準スイッチから Distributed Switch に移行することができます。物理 NIC、VMkernel アダプタ、仮想マシン ネットワーク アダプタを同時に移行できます。

このタスクについて

仮想マシン ネットワーク アダプタまたは VMkernel アダプタを移行する場合は、移行先の分散ポート グループに 1 つ以上のアクティブなアップリンクがあり、そのアップリンクがこのホストの物理 NIC に接続されていることを確認します。あるいは、物理 NIC、仮想ネットワーク アダプタ、および VMkernel アダプタを同時に移行します。

物理 NIC を移行する場合、標準スイッチ上のソース ポート グループにトラフィックを処理する物理 NIC が 1 つ以上あることを確認します。たとえば、仮想マシン ネットワークのポート グループに割り当てられた物理 NIC を移行する場合は、ポート グループが 1 つ以上の物理 NIC に接続されていることを確認します。そうしない場合、標準スイッチ上の同じ VLAN の仮想マシンは相互に接続されますが、外部ネットワークには接続されません。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 構成 タブの ネットワーク を展開し、仮想スイッチ を選択します。
  3. 移行先の分散スイッチを選択して、物理または仮想ネットワーク アダプタをこの Distributed Switch に移行します をクリックします。
  4. ネットワーク アダプタの移行のタスクを選択し、次へ をクリックします。
  5. 物理 NIC を構成します。
    1. 他のスイッチ上/未要求 リストから、物理 NIC を選択して アップリンクの割り当て をクリックします。
    2. アップリンクを選択し、OK をクリックします。
    3. 次へをクリックします。
  6. VMkernel アダプタを構成します。
    1. アダプタを選択し、ポート グループの割り当て をクリックします。
    2. 分散ポート グループを選択し、OK をクリックします。

      一度に 1 つの VMkernel アダプタを 1 つの分散ポート グループに接続する必要があります。

    3. 次へをクリックします。
  7. 新しいネットワーク構成で影響を受けるサービスを確認します。
    1. サービスに重要または重大な影響が報告されている場合は、サービスをクリックして分析の詳細を確認します。

      たとえば、iSCSI VMkernel アダプタを移行する分散ポート グループ上に不正なチーミングおよびフェイルオーバーの構成があると、iSCSI への重要な影響が報告される可能性があります。分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序にアクティブなアップリンクを 1 つ残し、スタンバイ リストを空のままにして他のアップリンクを未使用に移す必要があります。

    2. サービスへの影響のトラブルシューティングが終わったら、次へ をクリックします。
  8. 仮想マシン ネットワーク アダプタを構成します。
    1. 仮想マシンまたは仮想マシン ネットワーク アダプタを選択し、ポート グループの割り当て をクリックします。

      仮想マシンを選択した場合、その仮想マシンのすべてのネットワーク アダプタが移行されます。ネットワーク アダプタを選択した場合、そのネットワーク アダプタだけが移行されます。

    2. リストから分散ポート グループを選択し、OK をクリックします。
    3. 次へをクリックします。
  9. [設定の確認] ページで新しいネットワーク構成を確認し、終了 をクリックします。