IPv6 ネットワーク内で ESXi ホストと通信するために、vSphere Web Client を使用して vCenter Server Appliance を構成します。

手順

  1. vSphere Web Client のメイン ページで、ホーム アイコンの上にマウス ポインタを置き、ホーム をクリックし、システム設定 を選択します。
  2. [システム構成] で、ノード をクリックします。
  3. [ノード] で、ノードを選択し、管理 タブをクリックします。
  4. [共通] で、ネットワーク を選択して、編集 をクリックします。
  5. ネットワーク インターフェイス名を展開して、IP アドレス設定を編集します。
  6. IPv6 設定を編集します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得

    DHCP を使用することで、ネットワークからアプライアンスに IPv6 アドレスを自動的に割り当てます。

    ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得

    ルーターのアドバタイズを使用することにより、ネットワークから自動的にアプライアンスに IPv6 アドレスを割り当てます。

    固定 IPv6 アドレス

    手動で設定した固定 IPv6 アドレスを使用します。

    1. 追加アイコンをクリックします。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力します。

    3. OK をクリックします。

    4. (オプション)デフォルト ゲートウェイを編集します。

    アプライアンスは、DHCP およびルーターのアドバタイズの両方を使用して IPv6 設定を自動的に取得するように設定できます。同時に、固定 IPv6 アドレスを割り当てることも可能です。

  7. (オプション) : ルータのアドバタイズを使用して自動的に割り当てられている IPv6 アドレスを削除するには、アドレスを削除 をクリックし、アドレスを削除します。

    必要に応じて、ルータのアドバタイズを使用して vCenter Server Appliance によって取得された特定の IPv6 アドレスを削除し、そのアドレスでの通信を停止したり、構成した固定アドレスを適用したりすることができます。

次のタスク

FQDN を使用して IPv6 で ESXi ホストを vCenter Server に接続します。