Distributed Switch に関連付けた VMkernel アダプタをホスト上で作成して、ホストへネットワーク接続を提供し、vSphere vMotion、IP ストレージ、Fault Tolerance のログ、vSAN などのトラフィックを処理できるようにします。vSphere 標準スイッチと vSphere Distributed Switch に、標準システム トラフィック用の VMkernel アダプタを設定できます。

このタスクについて

VMkernel アダプタごとに、専用の分散ポート グループを 1 つ指定する必要があります。適切に分離するには、1 つの VMkernel アダプタに 1 つのトラフィック タイプを設定する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 設定 タブの ネットワーク を展開し、VMkernel アダプタ を選択します。
  3. ホスト ネットワークの追加 をクリックします。
  4. [接続タイプの選択] ページで、VMkernel ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
  5. 既存のネットワークの選択 オプションで、分散ポート グループを選択して、次へ をクリックします。
  6. [ポートのプロパティ] ページで、VMkernel アダプタの設定をします。

    オプション

    説明

    ネットワーク ラベル

    ネットワーク ラベルは、分散ポート グループのラベルから継承されます。

    IP アドレス設定

    IPv4、IPv6、またはその両方を選択します。

    注:

    IPv6 オプションは IPv6 が有効になっていないホスト上には表示されません。

    TCP/IP スタック

    リストから TCP/IP スタックを選択します。一度設定した VMkernel アダプタの TCP/IP スタックは、後で変更できません。vMotion またはプロビジョニング TCP/IP スタックを選択する場合は、これらのスタックのみを使用して、ホストの vMotion またはプロビジョニング トラフィックを処理できるようになります。デフォルト TCP/IP スタックの、vMotion 用のすべての VMkernel アダプタは、将来の vMotion セッションで無効になります。プロビジョニング TCP/IP スタックを設定する場合、デフォルトの TCP/IP スタックの VMkernel アダプタは、仮想マシンのコールド移行、クローン作成、およびスナップショット移行など、プロビジョニング トラフィックに関連する操作に対して無効になります。

    サービスを有効にする

    ホストのデフォルトの TCP/IP スタックのサービスを有効にできます。次の使用可能なサービスから選択します。

    • vMotion トラフィック。VMkernel アダプタが、vMotion トラフィックを送信するネットワーク接続として、別のホストに通知できるようにします。選択したホストへの vMotion による移行は、vMotion サービスが、デフォルト TCP/IP スタックでどの VMkernel アダプタについても有効になっていない場合、または vMotion の TCP/IP スタックを使用するアダプタが存在しない場合には実行できません。

    • プロビジョニング トラフィック。仮想マシンのコールド移行、クローン作成、スナップショット移行で転送されるデータを処理します。

    • Fault Tolerance トラフィック。ホストの Fault Tolerance のログを有効にします。FT トラフィックでは、1 台のホストに VMkernel アダプタを 1 つだけ使用できます。

    • 管理トラフィック。ホストと vCenter Server の管理トラフィックを有効にします。通常、ESXi ソフトウェアがインストールされるときに、ホストによってこのタイプの VMkernel アダプタが作成されます。冗長性を確保するため、ホストの管理トラフィック用 VMkernel アダプタをさらに 1 つ作成できます。

    • vSphere Replication トラフィック。ソースの ESXi ホストから vSphere Replication サーバに送信される送信レプリケーション データを処理します。

    • vSphere Replication NFC トラフィック。ターゲット レプリケーション サイトの受信レプリケーション データを処理します。

    • vSAN。ホストで vSAN トラフィックを有効にします。vSAN クラスタの一部である各ホストには、このトラフィック用の VMkernel アダプタが必要です。

  7. vMotion TCP/IP スタックまたはプロビジョニング スタックを選択した場合は、表示される警告ダイアログで OK をクリックします。

    ライブ移行がすでに開始されている場合は、デフォルト TCP/IP スタックに関連する VMkernel アダプタが vMotion で無効になっていても、正常に完了します。同じことは、プロビジョニング トラフィック用に設定されているデフォルト TCP/IP スタックでの、VMkernel アダプタを含む操作についても当てはまります。

  8. (オプション) : [IPv4 設定] ページで、IP アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    IPv4 設定を自動的に取得します

    DHCP を使用して IP アドレス設定を取得します。ネットワークには、DHCP サーバが存在する必要があります。

    固定 IPv4 設定を使用します

    VMkernel アダプタの IPv4 IP アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

    IPv4 での VMkernel デフォルト ゲートウェイおよび DNS サーバのアドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

    VMkernel アダプタに別のゲートウェイを指定する場合は、このアダプタのデフォルト ゲートウェイをオーバーライド チェック ボックスを選択し、ゲートウェイ アドレスを入力します。

  9. (オプション) : [IPv6 設定] ページで、IPv6 アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。ネットワークには、DHCPv6 サーバが存在する必要があります。

    ルーターの通知を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    ルーターの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    ESXi 6.5 以降では、ルーターの通知はデフォルトで有効になり、RFC 4861 に従って M フラグと O フラグがサポートされます。

    固定 IPv6 アドレス

    1. IPv6 アドレスの追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力し、OK をクリックします。

    3. VMkernel デフォルト ゲートウェイを変更する場合は、このアダプタのデフォルト ゲートウェイをオーバーライド をクリックします。

    IPv6 の VMkernel デフォルト ゲートウェイ アドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

  10. [設定の確認] ページで設定の選択を確認し、終了 をクリックします。