名前、説明、ステータス、ソース、ターゲットなどのポート ミラーリング セッションの詳細を編集します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. 構成 タブの 設定 を展開し、ポート ミラーリング をクリックします。
  3. リストからポート ミラーリング セッションを選択し、編集 をクリックします。
  4. プロパティ ページで、セッションのプロパティを編集します。

    編集中のポート ミラーリング セッションのタイプによって、構成で利用できるオプションは異なります。

    オプション

    説明

    名前

    ポート ミラーリング セッションには、一意の名前を入力するか自動的に生成されたセッション名を選択できます。

    ステータス

    ドロップダウン メニューを使用してセッションを有効または無効にします。

    ターゲット ポートの通常の入出力

    ドロップダウン メニューを使用して、ターゲット ポートの通常の入出力を許可または禁止にします。このプロパティは、アップリンクと分散ポートの接続先にのみ使用できます。

    このオプションを選択しない場合、ターゲット ポート経由の出力ミラー トラフィックは許可されますが、入力トラフィックは許可されません。

    カプセル化 VLAN ID

    フィールドに有効な VLAN ID を入力します。この情報は、リモート ミラーリング ソースのポート ミラーリング セッションに必要です。

    元の VLAN の保存 の横にあるチェック ボックスを選択して、ターゲット ポートですべてのフレームをカプセル化する VLAN ID を作成します。元のフレームに VLAN があり、[元の VLAN の保存] が選択されていない場合、カプセル化 VLAN によって、元の VLAN が置き換えられます。

    ミラーリングされたパケットの長さ (バイト)

    ミラーリングされたパケットの長さ (バイト) を有効にするには、このチェック ボックスを選択します。これによって、ミラー フレームのサイズが制限されます。このオプションを選択した場合、すべてのミラー フレームは指定した長さに切り詰められます。

    説明

    ポート ミラーリング セッションの構成の説明を入力できます。

  5. ソース ページで、ポート ミラーリング セッションのソースを編集します。

    編集中のポート ミラーリング セッションのタイプによって、構成で利用できるオプションは異なります。

    オプション

    説明

    リストから既存のポートを追加

    分散ポートの選択… ボタンをクリックします。ダイアログが開き、既存のポートのリストが表示されます。分散ポートの横にあるチェック ボックスをオンにして、OK をクリックします。分散ポートは複数選択できます。

    ポート番号で既存のポートを追加

    分散ポートの追加… ボタンをクリックし、ポート番号を入力して、OK をクリックします。

    トラフィックの方向を設定

    ポートを追加したら、リストでポートを選択し、入力側、出力側、または入力側/出力側ボタンをクリックします。[トラフィック方向] 列に選択内容が表示されます。

    ソース VLAN を指定

    セッション タイプとしてリモート ミラーリング ターゲットを選択した場合、ソース VLAN を選択する必要があります。追加 ボタンをクリックして VLAN ID を追加します。ID を編集するには、上矢印と下矢印を使用するか、フィールドをクリックして手動で VLAN ID を入力します。

  6. ターゲット セクションで、ポート ミラーリング セッションのターゲットを編集します。

    編集中のポート ミラーリング セッションのタイプによって、構成で利用できるオプションは異なります。

    オプション

    説明

    ターゲットの分散ポートを選択

    分散ポートの選択… ボタンをクリックしてリストからポートを選択するか、分散ポートの追加… ボタンをクリックしてポート番号でポートを追加します。分散ポートは複数追加できます。

    アップリンクの選択

    利用可能なアップリンクをリストから選択し、追加 > をクリックして、ポート ミラーリング セッションにアップリンクを追加します。アップリンクは複数追加できます。

    ポートまたはアップリンクの選択

    分散ポートの選択… ボタンをクリックしてリストからポートを選択するか、分散ポートの追加… ボタンをクリックしてポート番号でポートを追加します。分散ポートは複数追加できます。

    アップリンクの追加... ボタンをクリックしてアップリンクをターゲットとして追加します。リストからアップリンクを選択し、OK をクリックします。

    IP アドレスの指定

    追加 ボタンをクリックします。新しいリスト エントリが作成されます。エントリを選択し、[編集] ボタンをクリックして IP アドレスを入力するか、[IP アドレス] フィールド内を直接クリックして IP アドレスを入力します。IP アドレスが無効な場合は、警告ダイアログが表示されます。

  7. OK をクリックします。