ステートレスとは、構成または状態を保存したローカル ストレージのない ESXi ホストの実行モードを指します。 構成はホスト プロファイルに抽象化され、テンプレートとして、マシンのクラスに適用されます。 ステートレス モードでは、障害が発生したハードウェアを容易に置換、削除、追加して、ハードウェア導入の拡張性を改善できます。

ステートレス ESXi ブートは、初回ブートと同じです。 ESXi ホストは、組み込みの標準スイッチを介して、vCenter Server とのネットワーク接続付きで起動します。 ホスト プロファイルが分散スイッチ メンバーシップを指定した場合、vCenter ServerESXi ホストを VMware 分散スイッチまたはサードパーティ製のスイッチ ソリューションに参加させます。

ステートレス ESXi ホストのネットワーク設定を計画する場合は、構成に汎用性を持たせ、ホスト固有の構成を避けます。 現在の設計には、新しいホストを導入する際に物理スイッチを再構成する機能がありません。 要件は慎重に精査する必要があります。

ステートレス導入を設定するには、1 台の ESXi ホストを標準的な方法で設置する必要があります。 次に、ホスト プロファイルに保存する下記のネットワーク関連情報を探して記録します。

  • vSphere 標準スイッチのインスタンスと設定 (ポート グループ、アップリンク、MTU など)

  • 分散スイッチのインスタンス (VMware およびサードパーティ)

  • アップリンク、アップリンク ポート (またはアップリンク グループ) に関する規則の選択

  • vNIC 情報:

    • アドレス情報 (IPv4 または IPv6、静的または DHCP 使用、ゲートウェイ)

    • 物理ネットワークのアダプタに割り当てた (vmknic) ポート グループと分散ポート グループ

    • 分散スイッチが存在する場合は、VLAN、vmknic に接続する物理 NIC、Etherchannel の構成を記録します。

記録した情報は、ホスト プロファイルのテンプレートとして使用されます。 ホスト プロファイルの仮想スイッチ情報は、抽出されてホスト プロファイルに記述した後は、任意の情報を変更できます。 このセクションでは、標準スイッチと分散スイッチの vmnic 名またはデバイス番号に基づくアップリンクの選択ポリシー、VLAN ID に基づく自動検出を修正できます。変更した情報は、ステートレス ブート インフラストラクチャによって保存され、次回の起動時にステートレス ESXi ホストに適用されます。 ネットワークの初期化では、汎用的なネットワーク プラグインがホスト プロファイルに記録された設定を解釈して、次のアクションを実行します。

  • 物理 NIC の適切なドライバをロードします。

  • ポート グループと併せて、すべての標準スイッチのインスタンスを作成します。 ポリシーを参照してアップリンクを選択します。 ポリシーが VLAN ID ベースならば、関連情報を収集する検知プロセスが実行されます。

  • VMkernel ネットワーク アダプタが標準スイッチに接続されている場合は、VMkernel ネットワーク アダプタを作成して、ポート グループに接続します。

  • VMkernel ネットワーク アダプタが分散スイッチに接続されている場合は、必要に応じて、VMkernel ネットワーク アダプタに接続されたアップリンクに基づき、一時的な標準スイッチを作成します。 記録された情報を参照して、VLAN とチーミング ポリシーに基づき、一時的なポート グループを作成します。 さらに、分散スイッチで Etherchannel が使用されている場合は、IP ハッシュを使用します。

  • すべての VMkernel ネットワーク アダプタ設定を構成します(アドレス、ゲートウェイ、MTUなどの割当)。

基本的な接続が機能した場合、分散スイッチが存在しなければ、ネットワーク設定は完了します。

分散スイッチが存在する場合、分散スイッチの修正が完了するまで、システムはメンテナンス モードにとどまります。 この時点では、仮想マシンは起動しません。 分散スイッチには vCenter Server が必要なため、vCenter Server との接続が確立し、ホストが分散スイッチを構成することを vCenter Server が通知するまで、ブート プロセスは続きます。 分散スイッチのホスト参加を発行し、分散スイッチのプロキシ標準スイッチをホストに作成し、適切なアップリンクを選択し、vmknic を標準スイッチから分散スイッチに移行します。 この操作が完了すると、一時的な標準スイッチとポート グループは削除されます。

ESXi ホストは修正プロセスの最終段階でメンテナンス モードから移行します。この時点で HA または DRS は、ホスト上の仮想マシンを起動できます。

ホスト プロファイルが存在しない場合、一時的な標準スイッチは「デフォルト ネットワーク」 ロジックで作成されます。一時的な標準スイッチは、アップリンクが PXE ブーティング vNIC に対応する管理ネットワーク スイッチ (VLAN タグなし) を作成します。 vmknic はMAC アドレスがPXE ブーティング vNIC と同じ管理ネットワークのポート グループに作成されます。 このロジックはこれまで PXE ブーティングに使用されていました。 ホスト プロファイルが存在するが、ネットワーク ホスト プロファイルが無効であるか、全く不完全な場合、vCenter Server はデフォルト ネットワークにフォールバックするため、ESXi ホストはリモートから管理できます。 これはコンプライアンス障害を起こすため、vCenter Server は復旧アクションを開始します。