vSphere の分散ポート グループまたは分散ポートのトラフィックを送受信の両方でシェーピングできます。トラフィック シェーパーは、グループ内のポートのネットワーク バンド幅を制限しますが、トラフィックの「バースト」を一時的に許可し、ポートを介して高速で送信できるように構成することもできます。

このタスクについて

分散ポート グループ レベルで設定したトラフィック シェーピング ポリシーは、そのポート グループに参加している各ポートに適用されます。たとえば、分散ポート グループの平均バンド幅を 100000 Kbps に設定した場合、分散ポート グループに関連付けられている各ポートを 100000 Kbps (長期間にわたる平均)でデータが通過できます。

前提条件

分散ポート レベルでポリシーをオーバーライドするには、このポリシーのポートレベルのオーバーライド オプションを有効にします。ポート レベルでのネットワーク ポリシーのオーバーライドの構成 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. 分散ポート グループまたはポートのトラフィック シェーピング ポリシーに移動します。

    オプション

    アクション

    分散ポート グループ

    1. アクション メニューから、分散ポート グループ > 分散ポート グループの管理 を選択します。

    2. トラフィック シェーピング を選択します。

    3. ポート グループを選択して、次へ をクリックします。

    分散ポート

    1. ネットワーク タブで、分散ポート グループ をクリックし、分散ポート グループをダブルクリックします。

    2. ポート タブでポートを選択し、分散ポート設定を編集します アイコンをクリックします。

    3. トラフィック シェーピング を選択します。

    4. オーバーライドするプロパティの横にある オーバーライド を選択します。

  3. トラフィック シェーピング ポリシーを構成します。
    注:

    トラフィックは、ホストではなくスイッチのトラフィック方向によって、入力または出力に分類されます。

    オプション

    説明

    ステータス

    ステータス ドロップダウン メニューを使用して、入力側トラフィック シェーピング または 出力側トラフィック シェーピング を有効にします。

    平均バンド幅

    長期間にわたって平均化された、ポート全体で許容される毎秒ビット数、つまり、許容される平均的な負荷を設定します。

    ピーク バンド幅

    負荷の高いトラフィックの送受信時にポート全体で許容される最大の毎秒ビット数です。このパラメータが、バースト ボーナスを使用しているときは常に、ポートが使用するバンド幅の上限になります。

    バースト サイズ

    バースト時に許容する最大バイト数です。このパラメータが設定されていると、ポートは割り当てられているすべてのバンド幅を使用しない場合に、バースト ボーナスを取得できます。ポートで、平均バンド幅で指定されているよりも多くのバンド幅が必要になると、バースト ボーナスが使用できる場合には、一時的にデータをより高速に転送できます。バースト ボーナスに累積し、高速で転送できるバイト数の上限をこのパラメータで設定します。

  4. 設定を確認して、構成を適用します。