仮想スイッチでは、vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch での仮想マシンのポート ID に基づいてアップリンクを選択します。

発信元の仮想ポートに基づいたルートは、vSphere Standard Switch および vSphere Distributed Switch におけるデフォルトの負荷分散方法です。

ESXi ホストで実行されている各仮想マシンには、仮想スイッチでの仮想ポート ID が関連付けられています。仮想マシンのアップリンクを計算するため、仮想スイッチでは、仮想マシンのポート ID と NIC チームでのアップリンクの数を使用します。仮想スイッチは、仮想マシンのアップリンクを選択すると、仮想マシンが同じポートで実行される限り、必ずこの仮想マシンの場合と同じアップリンクを介してトラフィックを転送します。仮想スイッチは、NIC チームでアップリンクが追加または削除されない限り、仮想マシンのアップリンクを 1 回のみ計算します。

仮想マシンのポート ID は、その仮想マシンが同じホストで実行されている間は固定されます。仮想マシンを移行、パワーオフ、または削除すると、仮想スイッチでのそのポート ID は空き状態になります。仮想スイッチはこのポートへのトラフィックの送信を停止し、関連付けられているアップリンクの全体的なトラフィックが減少します。仮想マシンは、パワーオンまたは移行されると、別のポートで実行され、その新規ポートに関連付けられているアップリンクを使用します。

表 1. 元の仮想ポートに基づくルートを使用する場合の考慮事項

考慮事項

説明

メリット

  • 仮想 NIC の数がチームの物理 NIC の数より多い場合に、トラフィックを均等に配分できます。

  • ほとんどの場合、仮想スイッチは仮想マシンのアップリンクを 1 回のみ計算するため、リソースの消費量が少なくなります。

  • 物理スイッチに変更を加える必要がありません。

デメリット

  • 仮想スイッチではアップリンク上のトラフィック負荷を認識せず、使用頻度の低いアップリンクへのトラフィックのロード バランシングが行われません。

  • 仮想マシンで使用可能なバンド幅は、仮想マシンで複数の仮想 NIC を使用しない限り、関連 ポート ID に関連付けられているアップリンクの速度までに制限されます。