ポート ミラーリング セッションを開始するには、ポート ミラーリング セッションのタイプを指定する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで分散スイッチに移動して参照します。
  2. 構成 タブをクリックし、設定 を展開します。
  3. ポート ミラーリング オプションを選択し、新規 をクリックします。
  4. ポート ミラーリング セッションのタイプを選択します。

    オプション

    説明

    分散ポートのミラーリング

    複数の分散ポートからのパケットを、同じホストのほかの分散ポートにミラーリングします 。ソースとターゲットが異なるホスト上にある場合、このセッション タイプは機能しません。

    リモート ミラーリング ソース

    複数の分散ポートからのパケットを、対応するホストの特定のアップリンク ポートにミラーリングします。

    リモート ミラーリング ターゲット

    複数の VLAN からのパケットを分散ポートにミラーリングします。

    カプセル化されたリモート ミラーリング (L3) ソース

    複数の分散ポートからのパケットを、 リモート エージェントの IP アドレスに ミラーリングします 。仮想マシンのトラフィックは、IP トンネルを介してリモートの物理ターゲットにミラーリングされます 。

    分散ポート ミラーリング(レガシー)

    複数の分散ポートからのパケットを、対応するホストの複数の分散ポートまたはアップリンク ポートにミラーリングします 。

  5. 次へをクリックします。