複数のホストまたはステートレス ホストの場合、ホスト プロファイルを使用して物理 NIC の仮想機能を構成し、Auto Deploy を使用してホストにプロファイルを適用できます。

このタスクについて

Auto Deploy とホスト プロファイルを使用した ESXi の実行の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』 ドキュメントを参照してください。

ドライバのドキュメントにしたがい、仮想機能の NIC ドライバ パラメータの esxcli system module parameters set vCLI コマンドを使用して、ホスト上の SR-IOV 仮想機能を有効化することもできます。vCLI コマンドの詳細については、『vSphere コマンドライン インターフェイス』のドキュメントを参照してください。

前提条件

  • お使いの環境の構成が SR-IOV をサポートしていることを確認します。SR-IOV サポート を参照してください。

  • SR-IOV 対応のホストに基づいてホスト プロファイルを作成します。『vSphere ホスト プロファイル』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ホスト プロファイル をクリックします。
  2. リストからホスト プロファイルを選択し、構成 タブをクリックします。
  3. ホスト プロファイルの編集 をクリックして、一般システム設定 ノードを展開します。
  4. カーネル モジュールのパラメータ を展開し、作成する仮想機能の物理機能ドライバのパラメータを選択します。

    たとえば、Intel の物理 NICの物理機能ドライバのパラメータは max_vfs です。

  5. テキスト ボックスに、有効な仮想マシン番号をコンマで区切ったリスト形式で入力します。

    それぞれのリスト エントリは、個々の物理機能に構成する仮想機能数を示します。値が 0 の場合、物理機能で SR-IOV が有効になりません。

    たとえば、デュアル ポートがあり、その値を x,y に設定します。ここで、x または y は、1 つのポートに対して有効にする仮想機能数です。

    単一ホスト上の仮想機能の目標数が 30 ならば、デュアル ポート カード 2枚が 0,10,10,10 に設定されている可能性があります。

    注:

    サポート対象であり、構成に使用できる仮想機能の数は、システム構成に依存します。

  6. 終了 をクリックします。
  7. 必要に応じて、ホストに適用したホスト プロファイルを修正します。

タスクの結果

仮想機能は、ホストの 設定 タブの [PCI デバイス] リストに表示されます。

次のタスク

SR-IOV パススルー ネットワーク アダプタ タイプを使用して、仮想機能を仮想マシン アダプタに関連付けます。仮想機能の SR-IOV パススルー アダプタとしての仮想マシンへの割り当てを参照してください。