ポート ミラーリング セッションを作成するには、ポート ミラーリング セッションのターゲットとするポートまたはアップリンクを選択します。

このタスクについて

ソースとターゲットを設定しないでポート ミラーリング セッションを作成できます。ソースとターゲットが設定されていない場合、ミラーリング パスなしでポート ミラーリング セッションが作成されます。これによって、正しいプロパティでポート ミラーリング セッションを作成することができます。プロパティが設定されたら、ポートのミラーリング セッションを編集してソースとターゲットの情報を追加できます。

ポート ミラーリングは、VLAN 転送ポリシーに対して確認されます。元のフレームの VLAN が、ターゲット ポートと等しくない、またはターゲット ポートによってトランクされている場合、このフレームはミラーリングされません。

手順

  1. ポート ミラーリング セッションのターゲットを選択します。

    選択するセッションのタイプによって、利用できるオプションは異なります。

    オプション

    説明

    ターゲットの分散ポートを選択

    分散ポートの選択をクリックしてリストからポートを選択するか、分散ポートの追加をクリックしてポート番号でポートを追加します。分散ポートは複数追加できます。

    アップリンクの選択

    利用可能なアップリンクをリストから選択し、追加 をクリックして、ポート ミラーリング セッションにアップリンクを追加します。アップリンクは複数追加できます。

    ポートまたはアップリンクの選択

    分散ポートの選択をクリックしてリストからポートを選択するか、分散ポートの追加をクリックしてポート番号でポートを追加します。分散ポートは複数追加できます。

    アップリンクの追加をクリックしてアップリンクをターゲットとして追加します。リストからアップリンクを選択し、OK をクリックします。

    IP アドレスの指定

    追加 をクリックします。新しいリスト エントリが作成されます。エントリを選択し、編集 をクリックして IP アドレスを入力するか、IP アドレス フィールドを直接クリックして IP アドレスを入力します。IP アドレスが無効な場合は警告が表示されます。

  2. 次へ をクリックします。
  3. 終了準備の完了 ページで入力したポート ミラーリング セッションの情報を確認します。
  4. (オプション) : 情報を編集するには、戻る ボタンを使用します。
  5. 終了 をクリックします。

タスクの結果

設定 タブの [ポート ミラーリング] セクションに新しいポート ミラーリング セッションが表示されます。