デフォルトで、TSO は、VMXNET2 および VXMNET3 ネットワーク アダプタ上の Windows 仮想マシンで有効になっています。パフォーマンス上の理由から、TSO の無効化が必要になることがあります。

前提条件

  • ESXi 6.0 が Windows ゲスト OS をサポートしていることを確認します。『VMware 互換性ガイド』ドキュメントを参照してください。

  • Windows 仮想マシンのネットワーク アダプタが VMXNET2 または VMXNET3 であることを確認します。

手順

  1. Windows コントロール パネルの [ネットワークと共有センター] で、ネットワーク アダプタの名前をクリックします。
  2. その名前をクリックします。

    ダイアログ ボックスに、アダプタのステータスが表示されます。

  3. プロパティ をクリックし、ネットワーク アダプタのタイプで 構成 をクリックします。
  4. 詳細 タブで、Large Send Offload V2 (IPv4) および Large Send Offload V2 (IPv6) のプロパティを 有効 または 無効 に設定します。
  5. OK をクリックします。
  6. 仮想マシンを再起動します。