標準スイッチまたは Distributed Switch のポート グループにプロトコル プロファイルを関連付けた後、ポート グループに接続され、vApp に関連付けられているか vApp オプションが有効になっている仮想マシンでプロファイルを使用できるようにします。

前提条件

ネットワーク プロトコル プロファイルに関連付けられたポート グループに仮想マシンが接続されていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンまたは vApp に移動します。
  2. 仮想マシンの vApp 設定または vApp オプション タブを開きます。
    • vApp を右クリックして、設定の編集 を選択します。

    • 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択して、[設定の編集] ダイアログ ボックスで vApp オプション タブをクリックします。

  3. vApp オプションの有効化 をクリックします。
  4. [オーサリング] で、IP の割り当て を展開して [IP 割り当て方法] を OVF 環境 に設定します。
  5. [デプロイ] で IP の割り当て を展開し、IP の割り当て一時 - IP プール または 静的 - IP プール に設定します。

    静的 - IP プール および 一時 - IP プール の両方のオプションでは、ポート グループに関連するネットワーク プロトコル プロファイルの範囲で IP アドレスを割り当てます。静的 - IP プール を選択すると、最初に仮想マシンまたは vApp をパワーオンしたときに IP アドレスが割り当てられ、そのアドレスは再起動しても維持されます。一時 - IP プール を選択すると、仮想マシンまたは vApp をパワーオンするたびに IP アドレスが割り当てられます。

  6. OK をクリックします。

タスクの結果

仮想マシンがパワーオンになると、ポート グループに接続されたアダプタはプロトコル プロファイルの範囲から IP アドレスを受け取ります。仮想マシンがパワーオフになると、IP アドレスは解放されます。