パススルー デバイスは、リソースをより効率よく使用するための手段を提供し、環境のパフォーマンスを高めます。vSphere Web Client で仮想マシンのパススルー PCI デバイスを構成できます。

このタスクについて

バージョン 2.6.20 以前の Linux カーネルでパススルー デバイスを使用している場合は、MSI および MSI-X モードを使用しないでください。これらのモードにすると、パフォーマンスに重大な影響を及ぼします。

前提条件

パススルー ネットワーク デバイスが、仮想マシンのホスト上に構成されていることを確認します。ホストでのネットワーク デバイスのパススルーを有効にする を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で仮想マシンを探します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択し、仮想マシン タブをクリックします。
    2. 仮想マシン をクリックしてリスト内の仮想マシンをダブルクリックします。
  2. 仮想マシンをパワーオフします。
  3. 仮想マシンの 構成 タブで 設定 を展開し、仮想マシンのハードウェア を選択します。
  4. 設定内容を表示するダイアログ ボックスで 編集 をクリックし、仮想ハードウェア タブを選択します。
  5. メモリ セクションを展開し、制限制限なし に設定します。
  6. 新しいデバイス ドロップダウン メニューから、PCI デバイス を選択し、追加 をクリックします。
  7. 新しい PCI デバイス ドロップダウン メニューから、使用するパススルー デバイスを選択し、OK をクリックします。
  8. 仮想マシンをパワーオンします。

タスクの結果

仮想マシンに DirectPath I/O デバイスを追加すると、仮想マシンのメモリ サイズにメモリ予約の値が設定されます。