Network I/O Control では、いくつかの構成パラメータを使用して、vSphere システムの基本機能からのトラフィックにバンド幅を割り当てます。

表 1. システム トラフィックの割り当てパラメータ

バンド幅割り当てのパラメータ

説明

シェア

シェアは、同じ物理アダプタ上で有効な他のシステム トラフィック タイプを基に、システム トラフィック タイプの相対的な優先度を 1 から 100 で示します。

システム トラフィック タイプで利用できるバンド幅の大きさは、その相対的なシェアと、他のシステム機能が送信しているデータ量によって決まります。

予約

単一の物理アダプタ上で確保する必要のある最小バンド幅 (Mbps)。すべてのシステム トラフィック タイプで予約される合計バンド幅は、最低キャパシティを備えた物理ネットワーク アダプタが提供できるバンド幅の 75 パーセントを超過することはできません。

未使用の予約バンド幅は、システム トラフィックの他のタイプで利用できるようになります。ただし、Network I/O Control では、システム トラフィックが使用しないキャパシティを仮想マシンの配置に再配分しません。

制限

単一物理アダプタでシステム トラフィック タイプが使用できる最大バンド幅 (Mbps)。