vSphere Distributed Switch への新規ホストの追加、スイッチへのネットワーク アダプタの接続、スイッチからのホストの削除を行うことができます。本番環境における Distributed Switch のホスト ネットワークの管理中には、仮想マシンおよび VMkernel サービスへのネットワーク接続を確立したままにしなければならない場合があります。

vSphere Distributed Switch へのホストの追加

Distributed Switch に新しいホストを追加する前に、環境の準備を検討します。

  • 仮想マシン ネットワークに分散ポート グループを作成する。

  • VMkernel サービスに分散ポート グループを作成する。たとえば、管理ネットワーク、vMotion、および Fault Tolerance に分散ポート グループを作成します。

  • スイッチに接続するすべての物理 NIC に対して、Distributed Switch で十分なアップリンクを構成する。たとえば、Distributed Switch に接続するホストにそれぞれ 8 個の物理 NIC がある場合は、Distributed Switch で 8 個のアップリンクを構成します。

  • 特定のネットワーク要件があるサービスに対して、Distributed Switch の構成が準備されていることを確認する。たとえば iSCSI には、iSCSI VMkernel アダプタを接続する分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー構成に特定の要件があります。

vSphere Web Clientホストの追加と管理 ウィザードを使用すると、複数のホストを一度に追加できます。

vSphere Distributed Switch のネットワーク アダプタの管理

Distributed Switch にホストを追加したら、物理 NIC をスイッチのアップリンクに接続し、仮想マシンのネットワーク アダプタを構成し、VMkernel ネットワークを管理できます。

Distributed Switch の一部のホストがデータセンターの他のスイッチに関連付けられている場合は、Distributed Switch との間でネットワーク アダプタを移行できます。

仮想マシン ネットワーク アダプタまたは VMkernel アダプタを移行する場合は、移行先の分散ポート グループにアクティブなアップリンクが少なくとも 1 つ存在し、アップリンクがホストの物理 NIC に接続されていることを確認します。また、物理 NIC、仮想ネットワーク アダプタ、VMkernel アダプタを同時に移行することもできます。

物理 NIC を移行する場合は、ポート グループのトラフィックを処理するアクティブな NIC を少なくとも 1 つ残します。たとえば、VM Network ポート グループのトラフィックを vmnic0vmnic1 で処理する場合は、vmnic0 を移行し、vmnic1 はグループに接続したままにします。

vSphere Distributed Switch からのホストの削除

Distributed Switch からホストを削除する前に、使用中のネットワーク アダプタを別のスイッチに移行する必要があります。

  • 別の Distributed Switch にホストを追加するには、ホストの追加と管理 ウィザードを使用して、ホストのネットワーク アダプタを新しいスイッチにまとめて移行できます。その後、現在の Distributed Switch からホストを安全に削除できます。

  • ホスト ネットワークを標準スイッチに移行するには、ネットワーク アダプタを段階的に移行する必要があります。たとえば、各ホストの物理 NIC のうちスイッチに接続されているものを 1 つだけネットワーク接続が確立したままにして、他の物理 NIC を Distributed Switch から削除します。次に、物理 NIC を標準スイッチに接続し、VMkernel アダプタと仮想マシン ネットワーク アダプタをスイッチに移行します。最後に、Distributed Switch に接続したままにした物理 NIC を標準スイッチに移行します。