ホストの VMXNET3 アダプタで LRO を有効化する場合は、Windows 仮想マシンのネットワーク アダプタで LRO サポートをアクティブにして、より大きなバッファに着信パケットを集約するためにゲスト OS がリソースを消費しないようにします。

このタスクについて

Windows での LRO テクノロジーは、Receive Side Coalescing (RSC) と呼ばれます。

前提条件

  • 仮想マシンで Windows Server 2012 以降または Windows 8 以降が実行されていることを確認します。

  • 仮想マシンに ESXi 6.0 以降との互換性があることを確認します。

  • ゲスト OS にインストールされている VMXNET3 ドライバのバージョンが 1.6.6.0 以降であることを確認します。

  • Windows Server 2012 以降または Windows 8 以降が実行されている仮想マシンで LRO がグローバルに有効になっていることを確認します。Windows 仮想マシンでの LRO のグローバルな有効化 を参照してください。

手順

  1. ゲスト OS のコントロール パネルの ネットワークと共有センター で、ネットワーク アダプタの名前をクリックします。

    ダイアログ ボックスに、アダプタのステータスが表示されます。

  2. プロパティ をクリックし、VMXNET3 ネットワーク アダプタのタイプで 構成 をクリックします。
  3. 詳細 タブで、Recv Segment Coalescing (IPv4) および Recv Segment Coalescing (IPv6)有効 または 無効 に設定します。
  4. OK をクリックします。