シスコ検出プロトコル (CDP) を使用すると、vSphere の管理者は、vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch に接続されている Cisco スイッチの物理ポートを確認できます。vSphere Distributed Switch の CDP が有効になっている場合は、Cisco スイッチのプロパティ(デバイス ID、ソフトウェア バージョン、タイムアウトなど)を表示できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、設定 > 設定の編集 を選択します。
  3. [設定の編集] ダイアログ ボックスで、詳細 をクリックします。
  4. [検出プロトコル] セクションで、タイプ ドロップダウン メニューから Cisco Discovery Protocol を選択します。
  5. 操作 ドロップダウン メニューから、スイッチに接続されている ESXi ホストの操作モードを選択します。

    オプション

    説明

    待機

    ESXi は、関連付けられた Cisco スイッチ ポートに関する情報を検出して表示しますが、Cisco スイッチ管理者は、vSphere Distributed Switch に関する情報を使用できません。

    アドバタイズ

    ESXi は vSphere Distributed Switch に関する情報を Cisco スイッチ管理者に公開しますが、Cisco スイッチに関する情報を検出および表示しません。

    両方

    ESXi は、関連付けられた Cisco スイッチに関する情報を検出して表示し、vSphere Distributed Switch に関する情報を Cisco スイッチ管理者に公開します。

  6. OK をクリックします。