任意の ESXi ホスト、リソース プール、または DRS クラスタの子リソース プールを作成できます。

このタスクについて

注:

ホストがクラスタに追加された場合、そのホストの子リソース プールは作成できません。クラスタが DRS に対して有効な場合、クラスタの子リソース プールを作成できます。

子リソース プールを作成する際、リソース プールの属性情報を入力するよう求められます。システムは、アドミッション コントロールを使用して、使用できないリソースが割り当てられないようにします。

前提条件

vSphere Web Client は、vCenter Server システムに接続されます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、リソース プールの親オブジェクト (ホスト、別のリソース プール、または DRS クラスタ) を選択します。
  2. オブジェクトを右クリックし、新規リソース プール を選択します。
  3. リソース プールを識別するための名前を入力します。
  4. CPU リソースおよびメモリ リソースの割り当て方法を指定します。

    リソース プールの CPU リソースは、ホストがリソース プール用に予約する、保証された物理リソースです。通常、デフォルト値を受け入れ、ホストにリソース割り当てを任せます。

    オプション

    説明

    シェア

    親の合計リソースに対するこのリソース プールのシェアを指定します。兄弟のリソース プールは、予約と制限の範囲内で、相対的シェア値に従ってリソースを共有します。

    • 標準、または を選択して、それぞれ 1:2:4 の比率でシェア値を指定します。

    • 各仮想マシンに対して、比重に見合う特定のシェア値を指定するには、カスタム を選択します。

    予約

    リソース プールで確保されている CPU またはメモリの割り当てを指定します。デフォルトは 0 です。

    0 以外の予約は、親 (ホストまたはリソース プール) の未予約のリソースから差し引かれます。リソースは、仮想マシンがリソース プールに関連付けられているかどうかに関係なく、予約済みとみなされます。

    拡張可能な予約

    このチェック ボックスを選択すると (デフォルト)、アドミッション コントロール中に拡張可能な予約が考慮されます。

    このリソース プール内の仮想マシンをパワーオンすると仮想マシンの予約の合計がリソース プールの予約よりも大きくなる場合、リソース プールは親または先祖のリソースを使用できます。

    制限

    リソース プールに割り当てる CPU またはメモリの上限を指定します。通常はデフォルト値 (制限なし) を使用します。

    制限を指定するには、制限なし チェック ボックスを選択解除します。

  5. OK をクリックします。

タスクの結果

リソース プールを作成したら、仮想マシンをリソース プールに追加できます。仮想マシンのシェアは、同じ親リソース プールを持つほかの仮想マシン (またはリソース プール) に対して相対的です。

リソース プールの作成

マーケティング部門と QA 部門の間で共有する必要がある、6GHz の CPU と 3GB のメモリを備えたホストがあると仮定します。また、リソースを均一に共有するのではなく、一方の部門 (QA) に高い優先順位を与えたいものとします。これは、各部門でリソース プールを作成し、シェア 属性を使用してリソース割り当ての優先順位を設定することで実現できます。

この例では、ESXi ホストを親リソースとするリソース プールの作成方法を説明します。

  1. リソース プールの作成ダイアログ ボックスで、QA 部門のリソース プールの名前を入力します (例: RP-QA)。

  2. RP-QA の CPU リソースとメモリ リソースについて、シェア に指定します。

  3. 2 番目のリソース プールの RP- マーケティングを作成します。

    CPU とメモリの シェア は、標準 のままにします。

  4. OK をクリックします。

リソースの競合がある場合、RP-QA は 4GHz および 2GB のメモリを受け取り、RP- マーケティングは 2GHz および 1GB を受け取ります。競合がない場合は、どちらも前述の値を上回る割り当てを受け取ります。その後、これらのリソースはそれぞれのリソース プール内の仮想マシンで使用できます。