vSphere 5.0 以降では、仮想 NUMA トポロジのゲスト OS への公開のサポートが含まれています。これにより、ゲスト OS の活用と NUMA の最適化の適用を介してパフォーマンスを改善できます。

仮想 NUMA トポロジは、ハードウェア バージョン 8 仮想マシンに使用でき、仮想 CPU の数が 8 個を超えた場合にデフォルトで有効になります。また、詳細構成オプションを使用することで、仮想 NUMA トポロジを手動で調整できます。

仮想 NUMA が有効な仮想マシンを初めてパワーオンするとき、その仮想 NUMA トポロジは、基盤となる物理ホストの NUMA トポロジに基づいて決定されます。仮想マシンの仮想 NUMA トポロジは初期化されると、その仮想マシンの vCPU の数が変更されるまで変更されません。

仮想 NUMA トポロジでは、仮想マシンに対して構成されたメモリを考慮しません。また、仮想ソケットの数や仮想マシンのソケット当たりのコア数に影響されません。

仮想 NUMA トポロジをオーバーライドする必要がある場合は、仮想 NUMA 制御を参照してください。

注:

CPU HotAdd を有効にすると、仮想 NUMA が無効になります。https://kb.vmware.com/kb/2040375を参照してください。