仮想マシンに相対的なシェアの量を割り当てることで、重要度に基づいて仮想マシンにストレージ I/O リソースを割り当てることができます。

このタスクについて

仮想マシンのワークロードが非常に似ている場合を除き、シェアは、1 秒あたりの I/O 処理数や MB 数で割り当てを指定するとはかぎりません。高いシェアの仮想マシンは、低いシェアの仮想マシンと比べて、ストレージ デバイスやデータストアでより多くの同時 I/O 処理を保留状態に保つことができます。ワークロードに応じて、2 台の仮想マシンのスループットがそれぞれ異なることがあります。

前提条件

仮想マシン ストレージ ポリシーの作成および仮想マシン ストレージ ポリシーの共通ルールの定義については、『vSphere のストレージ』を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択して、仮想マシンを検索します。
    2. 仮想マシン タブをクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想ハードウェア タブをクリックし、リストから仮想ハード ディスクを選択します。ハード ディスク を展開します。
  4. ドロップダウン メニューから 仮想マシン ストレージ ポリシー を選択します。

    ストレージ ポリシーを選択する場合は、手動で シェア制限 - IOPS を構成しないでください。

  5. シェア のドロップダウン メニューをクリックし、仮想マシンに割り当てるシェアの量(低、標準、または高)を選択します。

    カスタム を選択するとユーザー定義のシェア値を入力できます。

  6. 制限 - IOPS のドロップダウン メニューをクリックし、仮想マシンに割り当てるストレージ リソースの上限を入力します。

    IOPS は、1 秒あたりの I/O 処理数です。デフォルトでは、IOPS は制限なしです。低 (500)、標準 (1000)、または高 (2000) を選択します。[カスタム] を選択してユーザーが定義するシェアの値を入力することもできます。

  7. OK をクリックします。