データストア クラスタ機能を正しく使用するには、データストア クラスタと関連付けられたデータストアおよびホストが、特定の要件を満たしている必要があります。

データストア クラスタを作成するときは、次のガイドラインに従ってください。

  • データストア クラスタには、類似した、または交換可能なデータストアを格納する必要があります。

    1 つのデータストア クラスタに、サイズおよび I/O キャパシティが異なるデータストアや、異なるアレイおよびベンダーからのデータストアを混在させることができます。しかし、1 つのデータストア クラスタ内に、次のタイプのデータストアを共存させることはできません。

    • NFS および VMFS のデータストアを同じデータストア クラスタ内に組み合わせることはできません。

    • 複製されたデータストアは、同じストレージ DRS 対応のデータストア クラスタ内に、複製でないデータストアと組み合わせることはできません。

  • データストア クラスタ内のデータストアに接続されるすべてのホストは、ESXi 5.0 以降である必要があります。データストア クラスタ内のデータストアが ESX/ESXi 4.x 以前のホストと接続されている場合、ストレージ DRS は実行されません。

  • 複数のデータ センターで共有されているデータストアは、データストア クラスタに含めることはできません。

  • ベスト プラクティスとして、ハードウェア アクセラレーション機能が有効化されたデータストアは、ハードウェア アクセラレーション機能が有効化されていないデータストアと同じデータストア クラスタ内に含めないでください。データストア クラスタ内のデータストアは、ハードウェア アクセラレーション機能対応の動作を保証するためには、同種のクラスタである必要があります。