デフォルトでは、スワップ ファイルは仮想マシンの構成ファイルと同じ場所(VMFS データストア、vSAN データストア、または VVol データストアのいずれか)に作成されます。vSAN データストアまたは VVol データストアでは、スワップ ファイルは個別の vSAN オブジェクトまたは VVol オブジェクトとして作成されます。

仮想マシンがパワーオンされると、ESXi ホストはスワップ ファイルを作成します。スワップ ファイルを作成できない場合、仮想マシンをパワーオンできません。デフォルトを使用せずに、次のように操作することもできます。

  • 仮想マシンごとの構成オプションを使用して、データストアを別の共有ストレージの場所に変更する。

  • ホストのローカル スワップを使用して、データストアをホスト上にローカルで格納するように指定する。このように指定すると、ホスト レベルでスワップするため、SAN の容量を節約できます。ただし、スワップ元ホスト上のローカル スワップ ファイルへスワップされたページは、ネットワークを介してスワップ先ホストへ転送されるため、vSphere vMotion のパフォーマンスがわずかに低下する場合があります。現在、vSAN データストアおよび VVol データストアをホスト ローカル スワップに指定することはできません。