次の例は、リソース割り当て設定を変更して、仮想マシンのパフォーマンスを向上させる方法を示しています。

このタスクについて

ESXi ホストで、2 台の新しい仮想マシンを作成したとします。この 2 台はそれぞれ、QA (VM-QA) 部門とマーケティング (VM- マーケティング) 部門用です。

図 1. 2 台の仮想マシンを持つ単一ホスト


この例では、単一ホストが 2 台の仮想マシンを持っています。

次の例では、VM-QA が多くのメモリを必要とし、そのために 2 台の仮想マシンのリソース割り当て設定を変更して、次のことを行うものとします。

  • システム メモリがオーバーコミットされる場合に、VM-QA が VM- マーケティングの 2 倍の CPU リソースと メモリ リソースを使用できるように指定する。VM-QA の CPU シェアとメモリ シェアを に設定し、VM- マーケティングでは 標準 に設定する。

  • VM- マーケティングが、一定量の保証された CPU リソースを所有するようにする。これは、予約設定を使用して実行できます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、仮想マシンに移動して参照します。
  2. VM-QA (シェアを変更する仮想マシン) を右クリックして、設定の編集 を選択します。
  3. 仮想ハードウェア で、[CPU] を展開し、シェア ドロップダウン メニューから を選択します。
  4. 仮想ハードウェア で、[メモリ] を展開し、シェア ドロップダウン メニューから を選択します。
  5. OK をクリックします。
  6. マーケティング仮想マシン (VM- マーケティング) を右クリックし、設定の編集 を選択します。
  7. 仮想ハードウェア で、[CPU] を展開し、予約 の値を目的の数値に変更します。
  8. OK をクリックします。

タスクの結果

クラスタの リソース予約 タブを選択して CPU をクリックすると、VM-QA のシェアがほかの仮想マシンのシェアの 2 倍になっていることがわかります。また、仮想マシンがパワーオンされていないため、使用済みの予約 フィールドは変化していません。