非常にメモリ使用量が多い仮想マシンに対し、詳細オプションを使用してデフォルトの仮想 CPU 設定をオーバーライドできます。

これらの詳細オプションは、仮想マシン構成ファイルに追加できます。

表 1. 仮想 NUMA 制御のための詳細オプション

オプション

説明

デフォルト値

cpuid.coresPerSocket

仮想 CPU ソケットあたりの仮想コア数の決定。numa.vcpu.followcorespersocket が設定されている場合を除き、このオプションは仮想 NUMA トポロジには影響しません。

1

numa.vcpu.maxPerVirtualNode

この値を除数として vCPU の合計数を均等に分割して、仮想 NUMA ノードの数を決定します。

8

numa.autosize.once

これらの設定で仮想マシン テンプレートを作成した場合、その後デフォルト値 TRUE で仮想マシンをパワーオンするたびに、設定は同じになります。値が FALSE に設定されている場合、パワーオンするたびに仮想 NUMA トポロジは更新されます。仮想マシンの仮想 CPU の構成数が任意の時点で変更されると、仮想 NUMA トポロジは再評価されます。

TRUE

numa.vcpu.min

仮想 NUMA トポロジを生成するために必要な最小限の、仮想マシン内の仮想 CPU 数。サイズが numa.vcpu.min より小さい場合、仮想マシンは常に UMA です。

9

numa.vcpu.followcorespersocket

1 に設定した場合、cpuid.coresPerSocket に関連付けられている仮想 NUMA ノードのサイジングの以前の動作に戻ります。

0