ストレージ DRS は、データストア クラスタ内のすべてのデータストアにおけるリソースの使用情報を収集します。ストレージ DRS はこの情報を使用して、データストア クラスタ内のデータストア上の仮想マシン ディスク配置に関する推奨を生成します。

ストレージ DRS の推奨は、vSphere Web Client データストア ビューの ストレージ DRS タブに表示されます。また、データストアをストレージ DRS メンテナンス モードにする際、推奨が表示されます。ストレージ DRS 推奨を適用すると、vCenter Server は Storage vMotion を使用して仮想マシンのディスクをデータストア クラスタ内の他のデータストアに移行して、リソースを調整します。

推奨のサブセットを適用するには、[提案された DRS 推奨のオーバーライド] チェック ボックスを選択し、各推奨を選択して適用します。

表 1. ストレージ DRS 推奨

ラベル

説明

優先順位

推奨の優先順位レベル (1 ~ 5)。(デフォルトでは非表示。)

推奨

ストレージ DRS が推奨するアクション。

理由

アクションが必要な理由。

移行前の領域使用率 % (ソース) および (ターゲット)

移行前にソースとターゲットのデータストアで使用される領域の割合。

移行後の領域使用率 % (ソース) および (ターゲット)

移行後にソースとターゲットのデータストアで使用される領域の割合。

移行前の I/O 待ち時間 (ソース)

移行前のソース データストア上の I/O 待ち時間の値。

移行前の I/O 待ち時間 (ターゲット)

移行前のターゲット データストア上の I/O 待ち時間の値。