vSphere DPM によって生成されたホストの電源状態および移行の推奨を自動的に実行するかどうかは、各機能に指定された電源管理の自動化レベルによって決まります。

自動化レベルは、クラスタの [設定] ダイアログ ボックスの 電源管理 で構成します。

注:

電源管理の自動化レベルは、DRS の自動化レベルと同じではありません。

表 1. 電源管理の自動化レベル

オプション

説明

オフ

機能が無効になり、推奨は生成されません。

手動

ホストの電源操作および関連する仮想マシンの移行に関する推奨が行われますが、それが自動的に実行されることはありません。これらの推奨は、vSphere Web Client のクラスタの DRS タブに表示されます。

自動

関連する仮想マシンの移行をすべて自動的に実行できる場合、ホストの電源操作は自動的に実行されます。