仮想マシンの間でメモリを共有する機会を提供する ESXi ワークロードは、いくつもあります。

たとえば、いくつかの仮想マシンが、同じゲスト OS のインスタンスを実行していたり、同じアプリケーションまたはコンポーネントをロードしていたり、共通のデータを含んでいたりすることがあります。このような場合、ESXi システムは、専用の透過的なページ共有技法を使用してメモリ ページの冗長コピーを削除します。メモリの共有により、仮想マシンで実行しているワークロードが使用するメモリが、物理マシン上で実行する場合の使用量よりも少なくなることがよくあります。結果的に、より高いレベルのオーバーコミットを効率的にサポートできます。

ESXi システムの透過的なページ共有も、NUMA システム上で使用するために最適化されています。NUMA システムでは、ページはノードごとに共有されるので、各 NUMA ノードは、数多く共有されたページの独自のローカル コピーを持ちます。仮想マシンは、共有ページを使用する場合、リモート メモリにアクセスする必要がありません。

注:

デフォルトの動作は、以前の ESX および ESXi のすべてのバージョンと同じです。